いろいろ情報

作品の存在を示すささやかな灯(ともしび)

kutibue_cover

「夜に口笛を吹くと蛇が来る」
そう教えてくれた祖父の葬式の夜、口笛を吹いた「彼」の元に宅急便で届けられたのは一匹の「蛇」だった。
奇妙な環境に置かれた「彼」は妻の喪失を、そして「息子」の存在を受容できるのだろうか――

 

Romancerで「口笛の届く距離」という作品が公開中です。今回、この「口笛の届く距離」の著者である横田 青(しょう)さんにインタビューをさせていただきました。Romancerでどんな人が、どんなキッカケで電子出版を初めたのか色々とお話を伺わせていただきました。

 

yokota_1200

著書「口笛の届く距離」と横田 青さん

続きを読む

ショートショートでドキッとしてみない?

tobirisug@gmail.com_avatar_1444285210-96x96

Romancerでショートショート(短編小説)を公開している戸田鳥さんにインタビューをさせていただきました。

現在5作品を公開中。Romancerチームのイチオシは「ジャパニーズ・ライフ」です。短編なのでテンポよく読め、少し不思議な世界で巻き起こる仕掛けにみなさんもドキッとしてみてください。

todatori_banner

本をクリックすると戸田鳥さんの作品一覧ページへ飛びます

 

インタビューはここからスタートです!

続きを読む

電子教科書なんて言う前に

295790

やった!見せかけ甘い汁に群がる輩がいる。やれることから楚々とはじめる賢明さが大事じゃないかい。この季節、芸術・デザイン、メディアを学んでいる学生さんの「卒業制作展」(卒展)が各地で開催されています。

 

sotsuten

実際の卒展で配布されているパンフレット

続きを読む

誰かに褒めてもらいたい……ウゥ。

ikezawa_02

子どものとき、チョッくら先生(せんせ)()められて、その後の調子を変えていくなんて話を聞いたことはないですか? 文章を書いて、漫画を描いて、あなたが求めているものは「現金(げんなま)」なんかじゃありません。一言の褒め言葉、共感、労い、声援が値万金の報酬じゃないでしょうか。かく言うのも、いかに世間の反応のなさが厳然とあるということです。

続きを読む

出版したい人の想いを形にする

page2016_after

東京・池袋サンシャインシティで行われているpage2016(http://www.page.jagat.or.jp/conference)のカンファレンスで、ボイジャーは講演しました。

 

誰のための出版か」私たちは従来の出版の枠組みでは支えきれない新しい出版を考えています。今の出版では叶えられない本への想いを形にすることです。

続きを読む

売れない……だが挫けない!

graph_down

毎日通る道すがら、こんな看板が目に入った。ナニナニ、なんと書いてある?

トムヤムクン・ピザだと! まるで想像できない。どうりで一丁もオーダー無し!とナ。さもありなん。だけど、よく考えていただきたい。この看板を目にして、あすは誰か一人の注文がきっとあるだろう、と。

 

pizza

都営地下鉄浅草線 馬込駅近く “ 居肴屋 芥子の房” 

 

続きを読む

印刷のプロも気にするロマンサー

r_logo512

皆さんに使っていただいているロマンサーを2016年2月4日、サンシャインシティ(東京・池袋)で、行われる展示会「page 2016」のカンファレンスで、印刷のプロの方たちに紹介することになりました。出版では紙版と電子版、同時制作の比率が上がっていますので、お声をかけていただいたのでしょう。

 

2月4日(木) 13:00〜15:00(参加費:16,200円)
【G3】次世代DTPと出版支援サービス
ボイジャー・小池利明(ロマンサーエヴァンジェリスト)

 

page2016_logo

 

続きを読む

電子出版 試みて値する希望

ipad

いったい電子出版って本当に必要なのか? 紙で十分じゃないか? いつもこのことに心が揺らぐ。そんな時、『青空文庫』の主宰者であり、呼びかけ人の富田倫生さんの言葉を思い出す。1分ちょっとの動画を見て欲しい。

 

東京国際ブックフェア(2004年) 
ボイジャーブースより

続きを読む

小粒でも、ピリリとかますデジタル出版

sansyou

Romancerの作品事例で公開中の作品が500を超えました! 2014年の7月よりサービスを開始し、実にバラエティ豊かな作品が集まってきました。短編からコミック、この読み応えを無料公開してもいいの!? という長編小説まで様々です。下の「作品事例」をクリックすると、おすすめ作品・新着作品をご覧になれますのでぜひお立ち寄りください。

 

sakuhin

続きを読む

写真をポン!迷わない、表紙のつくり方

bookcover_20160120061342

表紙をつくるのは実に難しいもの…ネットで調べると「Wordで作る」「InDesignで作る」など目に入ります。満を持してそのサイトを見ても、用語でつまづき、説明の長さで心がくじけたり……デジタル出版初心者には表紙の作成がなかなか大変です。今回は手持ちの写真やイラスト画像を用意するだけで、簡単に表紙をつくる方法をご紹介いたします!

 

まずは試しに作った表紙からお見せします。このレベルなら誰でも作れます!
 
hyoushi_01
◎定番の青空文庫から

45万ドル稼いだデジタル作家

Mark Dawson

45万ドルとは日本円にして約5,400万円。これを一人の作家が一年間で売り上げたのです。作家の名前はマーク・ドーソン。サスペンス作家としてAmazonの自費出版サービス、KDPで成功を収めました。

※サムネイル画像がマーク・ドーソン氏。Amazonの著者ページより掲載

 

Amazon Kindleストアで彼の名前を検索すると、まずこの表紙が目に入ります。

 

the_John_Milton_series

画像は商品紹介ページより(http://www.amazon.com/dp/B00HU4KESM

 

The John Milton Seriesという作品のセット売りです。ただの表紙と思うなかれ。電子本なのにわざと紙の本のように表紙を立体にし、直感的に3冊の本が一緒になっているということを連想させています。

続きを読む

ポケットに片岡義男

pocket

《片岡義男エッセイ365》をご存知でしょうか? 10月19日からWEBサイト「片岡義男.com」で、膨大なエッセイから選りすぐりを、毎日一編無料で公開する企画です。Twitterでは @kataoka_comにて情報を発信中です。

 

今回はiPhoneのホーム画面から、このエッセイをパッと開く設定をご紹介します。設定後はアプリのアイコンのように表示されるので、使い勝手が良くなりますよ!

続きを読む

シーボルト事件と自費出版

シーボルト_川原慶賀筆

200年ほど前に起きたシーボルト事件をご存知でしょうか。当時の日本では国の地図を国外に持ち出すは禁止されていました。しかし事件の当事者、医師シーボルトは伊能忠敬の地図の写しをこっそり持ち出そうとし、江戸幕府から国外追放、再入国禁止の処分を受けたのでした。Googleマップを手にしている現代では考えられませんが、北海道の正確な形も知られていなかった時代、地図は国家機密だったのでしょう。

続きを読む

「本の音声読上げ」を考える

moudoudog

「障害者差別解消法」(「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」)ってなんでしょう……ご存知でしょうか。
4月に施行される法律です。出版人として受けとめねばならないこと、それはアクセシビリティの向上です。公共の図書館などでは視覚障碍者の求めに応じて読上げ図書の提供が義務付けられます。公共図書館以外でも努力義務があります。

 

gatag-00013642

PC・タブレット・スマートフォンから音声読上げ

 

私たちデジタル出版人として行うべきことは、EPUBで出版物をつくることです。
EPUBはアクセシビリティに配慮したフォーマットです。ところが、それだけでアクセシビリティに配慮した電子本になるかといえば、そうではありません。

続きを読む

誰が呼んだか「いおりてん」

庵点

日本語の文章で、和歌や俳句のはじまりに置かれる記号「〽︎」には「庵点(いおりてん)」という名前があります。いったい誰がつけたのか、これはわかりませんが、「いおりてん」と入力し変換すると、候補の一つにこの記号が出てきます。

 

ioriten_ios

iOSで変換するとこのとおり

続きを読む

年頭一言 作品の前に手帳あり

tetyou_900_1200

片岡義男.comに毎日、彼のエッセイが載っています。年頭に何が載るのか興味津々で見ていましたら、なんと元旦はモールスキンの手帳の話でした。なんだ文房具の自慢話かよと思っていたら、あにはからんや、これから作品に挑む私たちにとって大事な情景が浮かぶ言葉の連なりでした。

 

Moleskin_01

モールスキンのページを開いた様子

 

続きを読む

2016年もデジタル出版!

r_logo_128x128

明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

本年もRomancerチーム一同、みなさまとデジタル出版に邁進する所存でございます。昨年と変わらずご愛用いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

新しい年がみなさまにとって良き年に、そして、果敢にデジタル出版へチャレンジする年であるようにお祈り申し上げます。

2015年をふりかえって

joyanokane-1

今年もいよいよあとわずか。

みなさまにはRomancerをご利用いただき、本当にうれしい出会いとなりました。

今年の7月より本格的にサービスを開始し、12月にはサイトのリニューアルをRomancerはおこないました。

 

みなさまとのやり取りから「はじめてのデジタル出版」に果敢にチャレンジしている息吹をひしひしと感じました。

 

こんな事例があります。3カ月ほどメールと電話のやり取りをし、ご自分でAmazon Kindleストアで販売した作家の方がいました。既にWordで原稿データをお持ちとのことで、Romancerの支援サービス(制作委託)を引き受けました。EPUBのこと、表紙のこと、言葉の追加や修正を地道に行いようやく完成。やっと書店に作品が並んだ際には、「無事に出版できた、ありがとう」の感謝の電話をいただきました。

続きを読む

年末年始休業のお知らせ

r_logo_128x128

いつもRomancerをご利用いただき誠にありがとうございます。

弊社は下記の期間、年末年始休業とさせていただきます。

 

休業期間:2015年12月26日(土)~2016年1月3日(日)
通常営業:2016年1月4日(月)~

 

恐れ入りますがお問い合わせは、2016年1月4日(月)より順次対応させていただきます。Romancerのサービスは休業期間中もご利用になれますので、引き続きご活用ください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

自分で作る 自分で伝える

Ham_pic_151224

 先日、Romancerからデジタル出版をした作家からこんな素敵な動画をお知らせいただきました。

 

 

 

作家の友達、知人宛に向けたクリスマスメッセージで、動画の途中に電子本の紹介が入っています。 この方は今回がはじめてのデジタル出版でした。2015年9月からボイジャーのスタッフと電子本制作を開始。 原稿のチェックや制作上のアドバイスといった連絡はメールだけで、約3ヶ月の文通のような繋がりを経て、12月に販売を開始しました。

続きを読む

1 7 8 9 10 11 13