おうち時間のお供に 青空文庫 人気作品ランキング


株式会社ボイジャーが運営する電子図書館『青空 in Browsers』(https://aozora.binb.jp/)では、4月7日の緊急事態宣言以降、サイトの訪問数が増加。2019年3月〜5月(3ヶ月間)の76,048から、今年は171,518と約2.25倍となりました。

 

『青空 in Browsers』はインターネットの電子図書館『青空文庫』(https://www.aozora.gr.jp/)の作品を活用しており、アプリ不要/縦書きで本を自由に楽しめるのが特徴です。

 

今回は、特に読まれた人気作品と『青空 in Browsers』のアクセス傾向をレポートします。

 

ぜひ、おうち時間のお供にご活用ください!

 

 

『こころ』『三国志』が2大人気タイトル!

TOP3はこちら! 『こころ』夏目漱石、『三国志』吉川英治、『人間失格』太宰治。

 

デバイス別 作品訪問数(2019年3〜5月)

 

モバイルによる訪問が基本

デバイスごとの訪問割合を見てみると、モバイルでの訪問が50%以上となりました。スマホでマンガも当たり前ですが、小説も十分にスマホで読まれています。

 

〈デバイス別訪問割合〉

mobile:52.1%

PC desktop:39.1%

tablet:8.8%

 

また、デバイスによってもよく利用するホットタイムがあります。

 

mobile:時間帯に関わらず常に高い訪問数。特に19時から0時にかけて訪問数が増加。

 

PC desktop:日中に高い訪問数。お昼の12時にガクッと訪問数が減少するのが特徴。

時間帯別 訪問数(2019年3〜5月)

 

サイトへの訪問数が前年比較で約2.25倍に

4月7日の緊急事態宣言を境に訪問数が増加。4月7日以降の平均訪問数は1日あたり、2,946となりました。前年同月の3ヶ月間と比較すると訪問数は、76,048 → 171,5182倍以上に増加しました。

 

サイト訪問数( 2019年3月〜5月、2020年3月〜5月を比較)

 

みなさんもぜひ青空 in Browsersを利用してみてください!