金波銀波

金波銀波

タイトル

金波銀波

ジャンル

書籍/小説・文学

著者

深川夏眠

公開日

2019年06月18日

更新日

2021年03月26日

作品紹介

恋人との別れを確信し、所持金も使い果たして八方塞がりの20歳男子は、遠い孤島からの招待状と迎えの男に縋って旅立った。気さくで優しい人々に歓待され、心は和んだが、彼には重大な使命が課せられ……。タイトルの読みは「きんぱぎんぱ」。月光などが映って金色、銀色に見える波のこと。四百字詰め原稿用紙換算280枚弱の“残酷”な幻想長編です。

作者からの言葉

コメント(1件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 深川 夏眠

    ■更新情報
     2019年12月09日、冒頭に《登場人物紹介》を加えました。