青い海の写真で避暑を…


写真家・佐藤秀明と作家・片岡義男による、写真と対話の本『海まで100マイル』。紙の本は絶版となって久しい。37年の時を経て、この本がデジタルで甦ります。ただの復刻ではありません。佐藤秀明の手によって写真が大幅に入れ替えられたのです。コメントも新たに挿入されて生まれ変わりました。

 

文章は片岡義男によります。佐藤と片岡の対話が、高原のペンションでスライドを見ながら交わされる小説として描かれます。海と二人の語り、そして舞台となる爽やかな高原の夜とで、読んでいるうちに涼しくなってきます。

 

冷たい水と日傘の欠かせない日々が続きます。ニュースを開くと、高温注意の警戒が呼びかけられ、35度以上の気温の地域も少なくないとも聞きます。こんな時には、青い海が恋しくはなってきませんか?

 

立ち読み版はこちら

価格:270円(税込)

発売:7月20日(金)