80歳の劇映画監督デビュー

facebook_fontaine-de-vaucluse

映画『ボンジュール、アン』が公開中です。監督のエレノア・コッポラさんは80! 劇映画監督としてはこれがデビュー作です。

 

▼公式HP

http://bonjour-anne.jp/

2017年7月7日〜

 

主演はベテラン俳優のダイアン・レイン(アン)、アルノー・ヴィアール(ジャック)、アレック・ボールドウィン(マイケル)がつとめています。

若い方には少し馴染みが薄いかもしません。ストーリーを紹介すると、まずカンヌからパリへのロードムービーです。数々の名所旧跡、グルメなレストランが出てきます。アンとジャックの恋のかけひきや夫マイケルのイライラにドキドキします。80の目から見た恋のお話、気になりませんか。

 

映画予告編

https://www.youtube.com/watch?v=oxsV0qPo4vA

 

エレノア・コッポラさんはアカデミー賞作品『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』の監督フランシス・フォード・コッポラの奥さまです。フランシス・フォード・コッポラさんは『ゴッドファーザー』よりも『スター・ウォーズ』の監督ジョージ・ルーカスを世に送り出した人とした方がわかりやすいかもしれません。

 

映画のキャッチフレーズは「人生って、まだまだステキ!」 そのとおり、ロマンサーでも80代、70代、60代のクリエイターが作品創作に取り組んでいます。

 

作家一覧ページへ

藤永茂さんの本

オペ・おかめ
オペ・おかめ

300円(税込)

松本修一さんの本

百島祐貴さんの本

神谷真さんの本