IDPFデジコン開催 ボイジャー取材班がゆく!


5月10日シカゴにて、ブックエキスポ・アメリカ BEA 2016が開催されました。同時に IDPF DigiConが開催され、World Wide Web(WWW)の生みの親ティム・バーナーズ=リー氏が登場。ちょっとした話題になっています。

 

Tim Berners-Lee in 2012

Tim Berners-Lee in 2012

出典:http://www.flickr.com/photos/rorycellan/8314288381/

 

ボイジャーは昨日から現地入りしました。速報をお送りします。彼のスピーチは後日、お知らせしますので、ぜひ楽しみにしてください。

先行して、ティム・バーナーズ=リーを紹介するIDPF事務局長 ビル・マッコイ氏のスピーチ部分だけお届けします。

 

———

◎ビル・マッコイ氏 スピーチ

ティム・バーナーズ=リーはWEBの発明者である。

20数年まえ、CERNで働いていた時期だ。オリジナル目的は、物理の論文のリンク&シェアであった。だから最初から WEBはパブリッシングとつながりがあった。実際、CERNの前、印刷会社に勤めていて、タイプセッティングソフトウェアの担当だった。パブリッシングの関係者であったのだ。

 

WEBの発明がすべてのものに影響している。koboも、リンクトインも。だから、英国で爵位を贈られた。

 

W3Cは、オープンスタンダードを2回、救った。

Microsoft IEがブラウザの98%のシェアを持ったとき、人々はMSがWEBスタンダードだと考えた。ティムのリーダーシップによって、W3Cが技術者を集める役割を果たし、ブラウザーの真にオープンな生態系を確立した。テクノロジー業界を救った。

 

もう1つ、HTML5だ。ビデオ、インタラクティビティに 対応、リッチなアプリケーション体験を可能とする規格を作成。プロプライエタリではなく。

 

どんどんパワフルになった。ネイティブアプリの裏にもWEB技術がある。

 

今からW3Cディレクター(理事長)を紹介しよう。

———

 

digicon2016

 

【出典】W3C+IDPF プレスリリース

https://www.w3.org/2016/05/digpub.html.ja