原稿料よりフォロワーを貯めろ


10月9日(金)、Romancer制作の日本独立作家同盟の講演録第4弾:『凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ』がボイジャーから発売になりました。題名長いので『凡サバ』と呼んでください!

 

鈴木みそ氏(マンガ家)、佐渡島庸平氏(コルク社長)、まつもとあつし氏(ジャーナリスト)という、いずれもネット&出版の経験が豊富な三氏による講演をまとめたものです。

 

bonsaba-pop

〈佐渡島氏のチャラっと発言にドッキリ〉

 

講演冒頭、まつもと氏は、「面白い作品を作れば売れる」の方程式が成り立たない時代だと分析し、「作品を埋没させず……ヒットへとつなげていくことができるのか?」と問いかけます。佐渡島氏はその問いに対し、「ネットではセルフブランディングにしか効果がない」と発言。作家自身のネット上の認知、評価を高める価値について討論が始まりました。

 

佐渡島氏が講演中、チャラっと「原稿料よりフォロワーを貯めた方がいい」と発言。この瞬間の会場のどよめき!を講演録でお楽しみください。

 

●群雛ポータル 作品紹介ページ

 

●印刷本のご注文はBinBストア

 

●電子本の試し読みは本をクリック!
04_cover_1810x2560