アルファベットの取り扱い


縦書きの時のアルファベットはどうしたらいいのか、悩んでいる方も多いと思います。

以下のように原稿を作ると、Romancerで変換したときにきれいに表示されます。

(A)直立(正立)させたい場合は全角

(B)右90度回転させて表示させたい場合は半角

それぞれどういう場合に使われるのでしょうか。

 

日本語の文章の中に、単独で現れる短い単語、略字のアルファベットは(A)のように全角でアルファベットを入力します。

(例)

Tシャツ

Webブラウザ

iPhone

AまたはB

 

アルファベットが文章として使われる場合、URLのような文字列は(B)のように半角でアルファベットを入力します。新聞の紙面などでは、URLも全角にするケースがありますが、全角のURLにはアクセスができませんから半角にすべきです。文章になっていなくても、長い単語や複数の単語が連続する場合には半角にする例が多いようです。

(例)

https://romancer.voyager.co.jp

(ダメな例:https://romancer.voyager.co.jp

International Digital Publishing Forum

 

alphabet

 

上記にあてはまらない場合は、文章の内容次第、同じ種類の用語をどのように扱っているかで決定します。その場合、統一することは必須です。

(例)

  • もし、「Windows」や「Android」を全角にしていたら「Mac OS X」も全角で使う。
  • 人名の場合には半角を使う。