Romancer Store

栗本薫 電子本シリーズ

知られざる栗本薫を、デジタルで

栗本薫といえば、100巻を越える『グイン・サーガ』、クトゥルー神話をモチーフにした『魔界水滸伝』、名探偵『伊集院大介』シリーズなどベストセラー作品が多々あります。その活躍の幅は、ファンタジー、SF、ミステリ、時代小説、耽美小説、中島梓名義では評論・エッセイと多岐にわたり数多くの作品を発表してきました。その中には、商業出版に乗らなかった作品、単行本化されなかった作品、紙として出版されたが絶版になって手に入らなくなった作品も多々あります。「栗本薫 電子本シリーズ」ではそういった作品を中心に電子化し、読者のみなさまに今、お届けします。

栗本薫

東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1977年中島梓名義の「文学の輪郭」で群像新人賞評論部門、1978年『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞、1981年「絃の聖域」で吉川英治文学新人賞を受賞。栗本薫名義で小説を発表するかたわら、中島梓として評論・演劇・音楽などさまざまなジャンルで活動する。小説作品は、ミステリ、SF、時代小説、耽美小説と多岐にわたり、中島梓名義を含めて400冊を越える著作がある。1979年よりスタートした大河ロマン「グイン・サーガ」は、2009年著者病没により130巻が最終巻となった。

インタビュー動画

※禁・無断転載

この映像を僕はしばし見つめました。これは亡くなる3ヶ月前の私の母の姿です。今、おもえばなんとも言えない気持ちです。その時、母は生きていたのです。母が僕に対して教えてくれたことは、いつか終わる人生というものを、必死に生きるとはどういうことか、それを身をもって示してくれたことでした。家族を愛してもいましたが、それ以前に、小説の神様に目一杯愛され、自らもそれを愛した人でした。若かった僕は、まるで獣が火から逃げるように、母という強烈な存在をむしろ避けていました。今頃になって、その火がどれだけ凄いものであったかを、少しずつ知るようになりました。(今岡大介)

インタビュー出典:

グイン・サーガDVD Vol.2 映像特典DVDよりANIPLEX

音楽:植松伸夫

注:

  • 「真夜中の天使」

    通称「マヨテン」。「新版・小説道場1」ではJUNE佐川編集長のつっこみに「忘れてくれ。あれは、あれは昔のことだ、悪夢なんだ。すっかり足を洗って出直したんだ。おらあ真人間にもどろうと決心したんだ」と黒歴史のようにうろたえているが、シリーズ化してます。

  • 幻影城

    1975年(昭和50年)から1979年(昭和54年)まで発行されていた小説雑誌。この雑誌に栗本薫は『京堂司』のペンネームでショートショートを寄稿していた。それが本シリーズの出発点「京堂司掌編全集」です。

  • 「ぼくらの時代」

    作者と同姓同名の栗本薫(ただし男性)が登場するミステリ小説。伊集院大介ともいくつかの作品で共演。「伊集院大介最後の推理」でも共演をしています。

刊行案内

発行:株式会社天狼プロダクション
発売:ボイジャー・プレス

最新情報

メールを登録していただければ「伊集院大介最後の推理」および栗本薫 電子本シリーズの最新情報をお知らせします。

メールアドレス:

ニックネーム :

メッセージ  :

関連リンク

©天狼プロダクション / ©ボイジャー

投稿日:2017年7月21日 更新日:


  1. かおり より:

    中学生の頃、仲のいい女の子と共作したSF短編って読んでみたいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。