Romancer Store

木で軍艦をつくった男

12月8日 奇襲の音が聞こえてくる

教訓の源は、結果としての敗戦よりも発端にある

12月8日が毎年やってくる。私たちは戦争に負けて焼け野原に立たされた8月15日を忘れることはない。しかし、奇襲して戦争の火蓋を切った日はしばしば疎かにしている。多くの人命が失われ、若い命が無残にも見殺しにされた。教訓の源は、結果としての敗戦よりも発端にあると言うべきではないか。

私たちは今を生きている。更にいえば必死に生きているのだ。今やっていること、懸命にやっていること、きっと今、あなたしか出来ない偉大なるチャレンジであるはずのもの、それは何であれどこかで潰えてしまう儚さを背負わされているもののような気がする。木でつくる軍艦と同じような運命ではないか。

いかに見栄えは立派でもいつか藻屑と消え去り、跡形もなく失われてしまう。だがそのイメージは払拭されてしまうわけではなく、無惨にもいつまでもその人の胸の内に巣食らうことになる。おのれの胸の内、自分しか見えない蜃気楼として。

誰にも見えない……。その砂浜に立ち、かつて組まれた楼閣のごとき軍艦の幻を見上げることのむなしさが私たちには残される。諦めてしまいそうな人のたどった道。ただこれを捨て去るままにしてなるものか。たとえ千分の一、万分の一でも可視させる働きかけがあってしかるべきだろう。これに殉じることこそ人としての矜持というものではないだろうか。


福岡県芦屋町海岸

芦屋町のアマチュアカメラマンが撮った写真だという。遠くには観光バスも停まっている。訪れる人々の姿も軍艦も遠い夢の彼方に消え去ってしまった。ここに木でつくった軍艦があったこと、そして木で軍艦をつくった男たちがいたことをどう語り伝えていけばいいのだろうか。

写真提供:芦屋町歴史民俗資料館

(「私たちは今を生きている」から)

『木で軍艦をつくった男』立ち読み/ご購入

木で軍艦をつくった男

☆電子版の立ち読みとご購入はこちらから →

463円(税込)

*貴重な写真・資料へのリンクが満載!


☆印刷版は以下の購入ボタンをクリック!

1,440円(税・送料込)

*印刷版は、PayPalに登録された住所・宛名へお送りします。できるだけ日本語でご登録ください。

▼注文冊数:

イベント情報

現在ボイジャーでは、モデラーの宮﨑日出雄さんが製作された「赤城ジオラマ」を展示しています。製作者自身がその製作ストーリーや映画『トラ・トラ・トラ!』の魅力を熱く語るトークイベントを、12月8日(金)に開催しました。

イベントの詳細内容は、以下のページで報告していきますので、お楽しみに!

赤城ジオラマ

関連リンク

©ボイジャー

 

投稿日:2017年12月8日 更新日: