2018年7月25日 15:00
8月1日(水)、8月2日(木) NHK BSプレミアムで『阿久悠リスペクトコンサート』再放送

 昨年11月に開催され、NHK BSプレミアムでその模様が放送された『阿久悠リスペクトコンサート』が、8月に再放送されることが決まりました。東京国際フォーラムが感動に包まれたあの時間を、再び体験できるチャンスです。コンサートレポートもこちらで公開しています。

NHK BSプレミアム 8月1日(水)15時~16時59分 ※2017年11月17日公演
出演:阿久悠、石野真子、五木ひろし、大橋純子、北原ミレイ、木の実ナナ、ゴスペラーズ、ささきいさお、Char、新妻聖子、林部智史、MAX、八代亜紀、山本リンダ、和田アキ子(50音順)

NHK BSプレミアム 8月2日(木)15時~16時59分 ※2017年11月18日公演
出演:阿久悠、石川さゆり、石野真子、岩崎宏美、大橋純子、北原ミレイ、Char、新妻聖子、BOYS AND MEN、増田惠子(ピンク・レディー)、MAX、松下優也(X4)、森 進一、山本リンダ(50音順)

2018年6月20日 12:00
佐藤剛最新作『ウェルカム!ビートルズ』電子版発売中!

ビートルズ来日公演の陰にあったビジネスマンたちの人間ドラマを丹念に描いた佐藤剛の最新ノンフィクション『ウェルカム!ビートルズ』の電子版がRomancer Storeにて6月20日(水)に発売されました。
現在、特設サイトでは無料の立ち読み版を公開中! この立ち読み版では第一章を全てお読みいただくことが可能です。

『ウェルカム!ビートルズ』特設サイト

2018年6月8日 12:00
阿久悠作・上村一夫画の幻の漫画作品「人喰い」が6月12日(火)に発売

1971年に『漫画アクション』で連載された阿久悠作・上村一夫画の漫画『人喰い』が47年の時を経て初単行本化され、6月12日に発売されます。
また、発売を記念して東京・松陰神社前にあるnostos booksで上村一夫原画展「血とエレジー」が開催されます。こちらの期間は6月12日(火)~7月1日(日)となっています。

『人喰い』(アクションコミックス)
上村一夫原画展「血とエレジー」

2018年5月9日 16:15
片岡義男による『黄昏のビギンの物語』の書評が公開!

片岡義男.comで更新されているエッセイシリーズ「片岡義男の書評」の最新回「名曲を生み出したスリルに満ちた共同作業」にて、佐藤剛のノンフィクション新書『黄昏のビギンの物語』(2014年)の書評が掲載されています。

名曲を生み出したスリルに満ちた共同作業

2018年5月8日 18:00
佐藤剛の連載コラムにて文庫版『無名時代』を紹介

エンタメステーションの連載コラム『佐藤剛の「会った、聴いた、読んだ」』にて、4月20日に発売された阿久悠さんの自伝的小説『無名時代』(集英社文庫)が取り上げられています。

本編はもちろん、いきものがかりの水野良樹さんが書き下ろした解説に着目し、ソングライターならではの視点を賞賛した内容のコラムです。ぜひご一読ください。

佐藤剛の「会った、聴いた、読んだ」vol. 43
水野良樹の解説で読む阿久悠の自伝的小説「無名時代」

2018年4月20日 17:13
阿久悠さんの自伝的小説『無名時代』文庫版が本日発売!

1992年に刊行された阿久悠さんの自伝的小説『無名時代』が、装いも新たに本日4月20日に集英社文庫より発売されました。広告代理店に入社し、東京オリンピックやビートルズの来日など、激動する時代の中でもがく若者の青春の日々が綴られています。
表紙イラストは盟友・上村一夫さん。書き下ろしの解説文をいきものがかりの水野良樹さんが寄せています。

阿久悠『無名時代』(集英社文庫)

2018年4月19日 14:40
6月2日「美空ひばりとブラジル」に佐藤剛さん出演

世代、国境を越えて、今なお歌い継がれている美空ひばり。
ブラジルの日系人の間でも絶大な人気があり、1970年にはサンパウロでコンサートを開催しています。

6月2日に東京・北沢タウンホールで行われる「美空ひばりとブラジル」では、ブラジル・サンパウロに生まれ日本でデビューしたマルシアさんの歌と、佐藤剛さんとのトークであらためてその繋がりを紐解いていきます。

音楽は自由をめざすvol.4
美空ひばりとブラジル ~国境を越えた日本の歌~
6月2日(土)北沢タウンホール

開演:15時
入場料;一般2,000円
出演:マルシア、佐藤剛
司会:伊藤美裕

イベント詳細はこちら

2018年4月5日 15:00
スパイシーコウヤドウフのライブ“飛び出せ!スパイシー”に純烈がゲスト出演

佐藤剛さんが注目し、アドバイスを行うなどしている5人組エンターテイメントロックバンド、スパイシーコウヤドウフが4月に渋谷でライブを行います。キャッチーなメロディーに、のびやかな時代感覚で書かれた詞を乗せたその歌は、現代の歌謡曲とも言うべきもの。佐藤さんのバックアップを受けて以降、目覚ましい成長を見せている彼らがどんなステージを見せるのか大いに注目されます。また、ゲストとしてエンタメ要素満載の歌謡コーラスグループ、純烈が出演、阿久悠さん作詞の隠れた名曲「昭和放浪記」などを披露する予定です。チケットぴあのWebサイトでは両グループのリーダー初顔合わせの様子が記事として掲載されています。

開演は4月14日(土)16時、会場は東京・渋谷クラブクアトロです。チケット、他の詳細は次のリンクをご参照ください。
http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=1899

スパイシーコウヤドウフ公式サイト
純烈 公式サイト

2018年3月27日 18:00
『ウェルカム!ビートルズ』刊行記念トークイベントが4月2日に開催

佐藤剛最新ノンフィクション『ウェルカム!ビートルズ』の刊行を記念したトークイベントの開催が決定しました。

聞き手に今注目のエンターテイメントロックバンド、スパイシーコウヤドウフからスパイシーナカーノ(Vo.)とのスパイシーコウバヤシ(Key./Gt.)の二人を迎えて、本には書ききれなかったエピソードや執筆に当たっての裏話などを、佐藤剛さんが自ら、写真などを交えて話していきます。

2018年4月2日(月)下北沢・風知空知
開場 19時/開始 19時30分
参加費 1,000円+ワンドリンク600円(いずれも税込)
出演 佐藤剛
   スパイシーナカーノ、スパイシーコウバヤシ(from スパイシーコウヤドウフ)

メール予約 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
1.ご希望公演名 2.日時 3.お名前 4.枚数 5.ご連絡先電話番号
以上を明記の上、お申し込み下さい。

※会場で『ウェルカム!ビートルズ』をご購入された方には、イベント終了後に著者・佐藤剛よりサインをさせていただきます。

2018年3月19日 17:20
3月19日、26日(月)TOKYO FM『Kei’s BAR』に佐藤剛がゲスト出演

TOKYO FMで毎週月曜25時30分からオンエアされている『Kei’s BAR』に佐藤剛さんがゲスト出演します。
パーソナリティは音楽評論家の田家秀樹さん。先日発売された『ウェルカム!ビートルズ』の話題を中心に2週にわたってトークします。お楽しみに。

3月19日放送回のタイムシフト視聴
3月26日放送回のタイムシフト視聴

Kei’s BAR

2018年3月16日 19:00
『マイ・ラスト・ソング 人生の最後に聴きたい歌は』3月28日(水)22時よりNHK総合で放送

小泉今日子さんと浜田真理子さんによる音楽舞台「マイ・ラスト・ソング」がNHKの特番としてオンエアされることが決まりました。
この特番ではMCに小説家としても活躍している又吉直樹さんを迎え、樹木希林さん、満島ひかりさん、奇妙礼太郎さんといった多彩なゲストも出演し、舞台とはまた違った角度で久世光彦さんと「マイ・ラスト・ソング」の世界を楽しめる内容となっています。

マイ・ラスト・ソング 人生の最後に聴きたい歌は
3月28日(水)22時00分~22時49分
http://www4.nhk.or.jp/P4836/

2018年3月12日 11:00
第10回CDショップ大賞2018、大賞は米津玄師『BOOTLEG』が受賞

 全日本CDショップ店員組合により「本当にお客様にお勧めしたい作品」をテーマに選考表彰される『第10回CDショップ大賞2018』の授賞式が3月8日、東京・白金SELENEで行われ、大賞には米津玄師のアルバム『BOOTLEG』が選ばれました。米津は映像で「CDを作るにあたって絵を描いたり、装丁も無茶を言いながら作らせてもらって。そうやって作ったものがいろんな人に届いていくのはとても光栄なことだと思っています。これからも自分のペースで楽しいことをやっていけたら」とコメントを寄せています。

 なお、その他の主な受賞結果は次の通りです。

準大賞 PUNPEE『MODERN TIMES』、台風クラブ『初期の台風クラブ』

洋楽賞 エド・シーラン『÷(ディバイド)』
マエストロ賞 桑田佳祐『がらくた』
ライブ作品賞 Hi-STANDARD『Live at AIR JAM 2000』
演歌賞 葵かを里『葵かを里 全曲集~雪の兼六園~』
リビジテッド賞 TM NETWORK『GET WILD SONG MAFIA』
特別賞 安室奈美恵『Finally』

入賞 欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』、Suchmos『THE KIDS』、竹原ピストル『PEACE OUT』、CHAI『PINK』、Hi-STANDARD『The Gift』、BiSH『THE GUERRiLLA BiSH』、My Hair is Bad『mothers』

2018年3月1日 18:40
小泉今日子と浜田真理子のインタビュー「久世光彦が残した音楽と言葉」公開

 小泉今日子さんと浜田真理子さんが「マイ・ラスト・ソング」について語ったインタビュー「久世光彦が残した音楽と言葉」がBillboard JAPANに掲載されています。「マイ・ラスト・ソング」を始めたきっかけから、二人の出会い、これからの「マイ・ラスト・ソング」について…など、充実の内容です。ぜひお読みください。

小泉今日子×浜田真理子「久世光彦が残した音楽と言葉」

2018年3月1日 18:30
佐藤剛最新ノンフィクション『ウェルカム!ビートルズ』3月12日(月)発売

 佐藤剛の最新著書『ウェルカム!ビートルズ  1966年の武道館公演を実現させたビジネスマンたち』が3月12日(月)にリットーミュージックより発売されます。
 1955年に東芝の中の小さな事業部として生まれた東芝レコードを、日本を代表するレコード会社へと発展させた石坂範一郎。彼をはじめとした様々なビジネスマンたちの仕事が、やがて日本の音楽史にひとつのビッグバンを起こすまでの過程を丹念に追ったドキュメントです。

リットーミュージック『ウェルカム!ビートルズ』紹介ページ

2018年2月9日 15:16
第10回CDショップ大賞2018入賞作品決定

 全日本CDショップ店員組合が主催して2009年より毎年行われてきた『CDショップ大賞』が今年も開催されています。この度955名のショップ店員による投票で選ばれた大賞候補10作品が発表されました。

 同賞は、ユーザーから最も身近な存在と言えるショップ店員により選出されていることから、リアルに時代の声を反映していると、各方面の注目を集めています。流行歌=歌謡曲が時代を映す鏡だとすれば、ここに挙げられた10作品はこの一年の代表的な歌謡曲であると言っていいでしょう。

第10回CDショップ大賞2018 入賞作品

欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』
Suchmos『THE KIDS』
台風クラブ『初期の台風クラブ』
竹原ピストル『PEACE OUT』
CHAI『PINK』
Hi-STANDARD『The Gift』
PUNPEE『MODERN TIMES』
BiSH『THE GUERRiLLA BiSH』
My Hair is Bad『mothers』

※入賞作品の詳細は全日本CDショップ店員組合のサイトで。

 なお、大賞(2016年は『YELLOW DANCER/星野源』、2017年は『Fantome/宇多田ヒカル』が受賞)の発表は3月に行われる予定です。

2018年2月9日 10:00
音楽舞台「マイ・ラスト・ソング」チケット完売間近

「死の間際に一曲だけ聴くことができたら、あなたはどんな歌を選ぶだろうか」

『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』などで知られる演出家の久世光彦さんが14年にわたって連載していた「マイ・ラスト・ソング」は、こんなテーマで“歌”にまつわるエッセイが綴られていました。

2006年に久世さんが急逝された後、遺されたそれらのエッセイやエピソードを女優の小泉今日子さんによる朗読とトークで紹介し、シンガーソングライターの浜田真理子さんが弾き語りで歌っていくという形式で展開していく音楽舞台が「浜田真理子×久世光彦×小泉今日子~マイ・ラスト・ソング」です。

2008年に始まったこの音楽舞台には、佐藤剛さんも演出で参加しています。そして区切りの10年目となる今年は、3月20日(火)、21日(水・祝)に東京・六本木のビルボードライブ東京で行われます。
新たな試みとして、ドラマ『悪魔のようなあいつ』で共に仕事をするなど、久世さんの朋友でもあった阿久悠さんが作詞した歌もいくつか取り上げます。

チケット残り少なくなっております。購入の際はビルボードライブの公式サイトをご参照ください。

2018年2月8日 11:28
本日19時、BS朝日「ザ・ドキュメンタリー」で阿久悠特集

 本日、2月8日19時よりBS朝日「ザ・ドキュメンタリー」で阿久悠が取り上げられます。全盛期だけでなく晩年の姿にもフォーカスを当てるとのこと。昨年の、没後10年・作詞家50年の「メモリアル・イヤー」を超えて、2018年も阿久悠に注目が集まっています。

公式サイト:http://www.bs-asahi.co.jp/documentary/lineup/prg_067/

2018年1月24日 16:25
Only Love Hurtsが語る昭和歌謡の愛憎と上村一夫のイラスト

 webマガジン『Casa BRUTUS』で1月23日に公開された「昭和歌謡の愛憎を描いた、上村一夫のイラストとは。」と題する記事で、歌謡ファンクバンドのOnly Love Hurts(a.k.a. 面影ラッキーホール)からaCKyさんとsinner-yangさんがセクシーなレコード・ジャケットについて語っています。
 ここで注目したいのは「ざんげの値打ちもない」のジャケットを描き、阿久悠さんとも親交の深かった上村一夫さんが手掛けた作品が取り上げられていることと、歌謡曲の魅力が簡潔に述べられている点です。
 こちらの記事は発売中の雑誌『Casa BRUTUS』2月号に掲載されている記事の抜粋ですので、さらに興味のある方は本誌をご覧ください。

2017年12月25日 20:53
阿久悠作品で年忘れ

 既報の通り、今年は「阿久悠メモリアル・イヤー」。様々なシーンで阿久悠作品が取り上げられてきましたが、下記の通り、一年を締めくくる音楽番組、イベントでも阿久さんの歌がうたわれる予定です。

■12月30日 17:30~22:00
第59回輝く!日本レコード大賞(TBSテレビ)

今年は阿久悠さんに特別賞が贈られ、ピンク・レディーによるスペシャル・メドレーが披露されます。

■12月31日 19:15~23:45
第68回NHK紅白歌合戦(NHKテレビ)

当サイトとして注目したいのは、紅組のトリ、石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」。言うまでもなく、作詞は阿久悠さんです。石川さんが「紅白」でこの曲を歌うのは10度目。これは、同じく石川さんの「天城越え」と並んで、同一歌手による最多歌唱記録です。

■12月31日 21:00~25:30(予定)
ももクロ 年越しカウントダウンLIVE「ももいろ歌合戦」完全生中継!(AbemaTV)

今月13日に阿久さんの未発表詞による新曲「天国の名前」(作曲はNRASAKIさん)をリリースしたももいろクローバーZが、ゲストに加山雄三、さだまさし、水前寺清子らを招き、『ゆく桃くる桃』を開催(21:30~、パシフィコ横浜)、新曲も披露する予定です。
なお、公演の模様はAbemaTVの他に下記のテレビ局でも放映されます。

・テレ玉 23~25時・サンテレビ 23~25時・チバテレ 23時30分~25時・とちぎテレビ 23時59分~25時・BS11 23時59分~25時・テレビ和歌山 23時30分~24時・フジテレビNEXT 21時30分~25時(リピート放送2回)
2017年12月6日 14:27
佐藤剛さん、浜田真理子さんの「舟唄」を絶賛

 当サイトで『阿久悠と歌謡曲の時代』を連載中の佐藤剛さんは、Webメディア「エンタメステーション」で、『佐藤剛の「会った、聴いた、読んだ」』を連載されていますが、12月5日公開のvol.21で、発売中の『地球の男にあきたところよ~阿久悠リスペクト・アルバム』に収録された「舟唄」を絶賛しています。このアルバムには、AKB48の柏木由紀&渡辺麻友のふたりによる「UFO」や福山雅治さんの「勝手にしやがれ」などのカバーが13作収められていますが、「舟唄」は今年2月に久保田麻琴プロデュースによるアルバム『タウン・ガール・ブルー』を発表した浜田真理子さんが歌っています。豊かな個性と表現力で高い評価を得ている浜田さんは、八代亜紀さんの代表曲として知られる「舟唄」を、さて、どのようにカバーしているのでしょう!?

佐藤さんの記事はこちらからどうぞ https://entertainmentstation.jp/149865
また、浜田さんの活動情報などは公式サイトでご確認ください。