2017年12月6日 14:27
佐藤剛さん、浜田真理子さんの「舟唄」を絶賛

 当サイトで『阿久悠と歌謡曲の時代』を連載中の佐藤剛さんは、Webメディア「エンタメステーション」で、『佐藤剛の「会った、聴いた、読んだ」』を連載されていますが、12月5日公開のvol.21で、発売中の『地球の男にあきたところよ~阿久悠リスペクト・アルバム』に収録された「舟唄」を絶賛しています。このアルバムには、AKB48の柏木由紀&渡辺麻友のふたりによる「UFO」や福山雅治さんの「勝手にしやがれ」などのカバーが13作収められていますが、「舟唄」は今年2月に久保田麻琴プロデュースによるアルバム『タウン・ガール・ブルー』を発表した浜田真理子さんが歌っています。豊かな個性と表現力で高い評価を得ている浜田さんは、八代亜紀さんの代表曲として知られる「舟唄」を、さて、どのようにカバーしているのでしょう!?

佐藤さんの記事はこちらからどうぞ https://entertainmentstation.jp/149865
また、浜田さんの活動情報などは公式サイトでご確認ください。

2017年11月17日 14:45
北原ミレイさん、阿久悠さんの未発表作品含むニュー・シングルをリリース

「ざんげの値打ちもない」(作詞 阿久悠)や「石狩挽歌」(作詞 なかにし礼)などのヒットで知られる北原ミレイさん。11月17、18日に開催の『阿久悠リスペクトコンサート』でも抜群の歌唱力を披露する予定ですが、8日にニュー・シングル「バイオレットムーン」をリリースしました。
 近年はおしゃれな印象の歌謡曲をドラマティックに歌って安定した人気を得ている北原さんですが、新曲もその路線上にあって実に豊かな聴き応え。そして注目したいのは、カップリングに阿久悠さんの未発表作に田尾将実さんが作曲した「恋は砂時計」。阿久さんならではの奥深い詞と、テレサ・テンさんの「時の流れに身をまかせ」を思い出させるような、優しく少し切ない歌の世界が魅力的です。

2017年11月15日 20:06
レコードメーカー7社合同企画『阿久悠メモリアルソングス』発売!

 今年は没後10年・作詞家50年のメモリアル・イヤー。各所にて阿久悠さんに関する企画が実施されていますが、本日、11月15日にはレコードメーカー7社から、各社の代表的な阿久作品に未発表曲を加えたベスト・アルバムが一斉に発売。同時に阿久作品のカヴァー・アルバム2種もリリースされました。
 各アルバムの主な収録曲や詳細についてのリンク・アドレスは下記の通りです。☆は未発表詞による新曲

 

思いのすべてを歌にして
ソニー・ミュージックダイレクト
 
「もしもピアノが弾けたなら」(西田敏行)
「時代おくれ」(河島英五)
「青春時代」(森田公一とトップギャラン)
☆「花の言葉 風の言葉」(サーカス)他、全20曲

 

私のいい人つれて来い
テイチクエンタテインメント
 
「雨の慕情」「舟唄」(八代亜紀)
「あの鐘を鳴らすのはあなた」(和田アキ子)
☆「小樽まで」(川中美幸)他、全17曲

 

私は話してみたかった
徳間ジャパンコミュニケーションズ
 
「ざんげの値打ちのない(完全版)」(北原ミレイ)
「居酒屋」(木の実ナナ・五木ひろし)
「せんせい」(森 昌子)
☆「恋は砂時計」(北原ミレイ)他、全20曲

 

女ごころの未練でしょう
日本コロムビア
 
「北の宿から」(都はるみ)
「街の灯り」(堺 正章)
「嫁に来ないか」(新沼謙治)
☆「花くれないに愛きよく」(佐々木秀実)他、全20曲

 

青春はこわれもの
ビクターエンタテインメント
 
「思秋期」(岩崎宏美)
「UFO」(ピンク・レディー)
「ジョニィへの伝言」(髙橋真梨子)
☆「蜘蛛男のダンス」(はやぶさ)他、全20曲

 

うまく行く恋なんて恋じゃない
ポニーキャニオン
 
「気絶するほど悩ましい」(Char)
「どうにもとまらない」(山本リンダ)
☆「黄昏のアンニュイ」(奥 華子)他、全20曲

 

また逢う日まで 逢える時まで
ユニバーサル ミュージック
 
「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)
「熱き心に」(小林 旭)
「ひまわり娘」(伊藤咲子)
☆「お茶の水グラフィティ」(SILENT SIREN)他、全20曲

 

阿久悠トリビュート・スペシャルソングス~朝日のように~
SONIC GROOVE
 
「もしもピアノが弾けたなら」(観月ありさ)
「UFO」(MAX)
「ジョニイへの伝言」(SPEED)
「たそがれマイ・ラブ」(知念里奈)
☆「朝日のように」(ISSA)
☆「つかみそこねた幸福に」(島袋寛子)他、全18曲

 

地球の男にあきたところよ
ビクターエンタテインメント
 
「勝手にしやがれ」(福山雅治)
「UFO」(柏木由紀&渡辺麻友(AKB48)
「時代おくれ」(玉置浩二)
「熱き心に」(森進一)
☆「この街 」(林部智史)
☆「いずこ~ふたたび歌を空に翔ばそう」 (リリー・フランキー※朗読)他、全13曲
《通常盤の他に、阿久悠ロング・インタビュー’97 再録、他を掲載した184ページの別冊BOOKを同梱の生産限定盤も同時リリース》

2017年10月25日 18:30
いきものがかりの水野良樹さんがコラム「阿久悠をめぐる対話を終えて」を公開

「ありがとう」「じょいふる」などのヒット曲で知られる、いきものがかりの水野良樹さんは、グループのリーダーであると同時に中心的なソングライターとして活躍していますが、一方で熱心な歌謡曲の研究家としての一面も持っています。この点で当サイトで連載中の『阿久悠と歌謡曲の時代』の執筆者である佐藤剛さんに通じるものがあり、実際にお二人はこれまでにコンタクトの機会を持って意見や情報の交換を行っています。その水野さんが自身の公式サイトで「阿久悠をめぐる対話を終えて」と題するコラムを公開しました。
 これは9月にNHK Eテレで放映された『いきものがかり水野良樹の阿久悠をめぐる対話』収録後に、番組を通して水野さんが思ったことや感じたことをまとめたもので、阿久悠という作詞家についての水野さんならではの考察も加えられています。
『阿久悠と歌謡曲の時代』の読者には興味深い内容となっていますので、お読みになることをお勧めしたいと、ご紹介させていただきました。今後、水野さん、そして佐藤さんの阿久悠研究、歌謡曲研究がどのような成果を生むか期待と共に追っていきたいと思います。

MIZUNO YOSHIKI OFFICIAL SITE「阿久悠をめぐる対話を終えて」:http://mizunoyoshiki.com/special/387/

2017年10月19日 14:52
『阿久悠リスペクトコンサート』開催迫る! 出演メンバーの追加発表も

 11月17日(金)17時~、18日(土)14時~開演される『阿久悠リスペクトコンサート』。阿久さんの没後10年・作詞家50年となるメモリアル・イヤーのメイン・イベントとして注目を集めていますが、いよいよその開催が近づき、すでに公表されていた出演者に加えて、追加メンバーが発表されています。
 現在までの顔ぶれは下記の通り。豪華共演によるヒット曲のオンパレード。歌謡曲ファンには堪えられないステージになりそうです。

17日=石野真子、五木ひろし、大橋純子、北原ミレイ、木の実ナナ、ゴスペラーズ、ささきいさお、Char、新妻聖子、林部智史、八代亜紀、山本リンダ

18日=石野真子、岩崎宏美、大橋純子、北原ミレイ、Char、新妻聖子、BOYS AND MEN、増田惠子(ピンク・レディー)、MAX、松下優也(X4)、森進一、山本リンダ ※五十音順

 チケットの購入方法等については公式サイトをご参照ください。

2017年10月17日 17:48
『作詞家・阿久悠の軌跡 没後10年・生誕80年 完全保存版』発売

 当サイトでは『阿久悠と歌謡曲の時代』を好評連載中ですが、いよいよ11月17、18日の「阿久悠リスペクトコンサート」開催も近づき、歌謡ファンの期待と関心が高まっていますが、その直前の16日にリットーミュージックより『作詞家・阿久悠の軌跡没後10年・生誕80年 完全保存版』と題する阿久さんのデータ・ブックが発行されます。
 シングル・ディスコグラフィー、シングルB面曲ディスコグラフィー、アルバム曲・非売品曲・社歌&CM曲・その他のディスコグラフィー、桜田淳子・大野克夫へのインタビュー、直筆原稿、年表などを盛り込んだ充実の内容で、特に1,300点以上のレコード・ジャケットを掲載したディスコグラフィーは、阿久悠や歌謡曲の足跡をたどる上でも貴重、ファンや研究家にとって必携の書となっています。
 B5版、288ページで税込定価は3,456円です。

2017年9月28日 15:00
雑誌『フリースタイル』に広告掲載

 大げさに発表するようなことではありませんが、お蔭さまで好評をいただいております『阿久悠と歌謡曲の時代』を、より多くの方に読んでいただこうと、弊社では積極的に広告展開も行っております。
 9月22日発売の雑誌『フリースタイル』にもカラー1ページで掲載されております。
 ところで『フリースタイル』という雑誌をご存じないという方も少なくないことと思われますが、こちらは伝説の編集者・吉田保さんが、音楽や映画を主なテーマに発行しているもので、まさにフリースタイルな編集方針でクリエイティブな人々を中心に支持を集めています。最新号の特集は、矢作俊彦さんによる宮谷一彦さんへのインタビュー。他に山上たつひこさん、いしかわじゅんさん他の特別寄稿なども掲載された盛り沢山な内容となっています。
 WEB上でフリーにわが道を進む当サイトとしては、同じ志を持つ紙媒体として共に成長していきたいと思っています。読者の皆さまにはよろしくご支援いただけますようお願いいたします。

公式サイト:http://webfreestyle.com/

2017年9月15日 19:55
Romancer Cafeでイベント・レポート、インタビューを配信します

 当サイトでは『阿久悠と歌謡曲の時代』連載開始以来、より多くの歌謡情報を発信してほしいという要望が多数寄せられました。そこでコンサートやリサイタルなど各種イベントのレポートや、歌手・作家・ディレクターなど歌謡界で活躍する様々な人物に「歌謡曲」をキーワードに行うインタビューなどを新たに配信していくことになりました。第一弾はコンサートレポートです。
 Romancer Cafeならではの視点と切り口で、阿久悠さんをはじめとする作家や歌手たちが築いてきた歌謡界の「今」をお知らせしていきたいと思っていますのでご期待いただき、合わせてこれまで以上にご支援くださいますようお願いいたします。

2017年8月22日 13:50
阿久悠さんの没後10年を記念して、リスペクトコンサート開催

 今年は阿久悠さんにとって、生誕80年、没後10年、作詞家生活50年の記念すべき年。そこで11月17(金)18(土)の両日、東京国際フォーラム・ホールAを会場に「『阿久悠リスペクトコンサート』~君の唇に色あせぬ言葉を~」が開かれることになり、現在チケットが発売中です。
 ステージでは石野真子、岩崎宏美、大橋純子、北原ミレイ、Char、森進一、八代亜紀、山本リンダと阿久作品を歌ったスターを中心に20組以上のアーティストが出演して、歌謡曲黄金時代を再現、歌謡ファンにはたまらない内容となりそうです。
 

没後10年・作詞家50年メモリアル「阿久悠 リスペクトコンサート」~君の唇に色あせぬ言葉を~
 
日時:2017年11月17日(金)17時開演、18日(土)14時開演会場:東京国際フォーラム・ホールA出演:石野真子、大橋純子、北原ミレイ、Char、森進一、八代亜紀、山本リンダ、他(公演日によって異なります)料金:全席指定12,000円(税込)※未就学児童入場不可
※サンライズオンライン、チケットぴあ、イ-プラス、ローソンチケットで発売中
問い合わせ先:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00~18:00)

写真:稲越功一
※写真内の楽曲は、阿久悠さんの代表作の一部で、公演での演奏曲目とは異なる可能性があります。

2017年8月21日 16:06
日本テレビ「24時間テレビ」内でドラマ「時代をつくった男 阿久悠物語」放映

 ことし放映開始から40周年を迎える日本テレビの「24時間テレビ」。この枠内で注目を集めているのがドラマ「時代をつくった男 阿久悠物語」です。ことしが生誕80年、没後10年、作詞家生活50年に当たり、話題になることの多い阿久さんですが、その功績の大きさを知るには最適な企画と言えるでしょう。「また逢う日まで」「北の宿から」「津軽海峡・冬景色」「勝手にしやがれ」「UFO」など数多くのヒット曲を生み出し、昭和を代表する作詞家となった阿久さんには、森昌子、桜田淳子、岩崎宏美、ピンク・レディー、他のスターを次々に世に送り出した伝説のオーディション番組「スター誕生!」を企画し、成功に導いたプロデューサとしての優れた手腕も備わっていました。番組では、そうした面にも触れながら、作詞家だけでなく、歌謡界のために生きた人間・阿久悠の人生が描かれます。
 放映は8月26日(土)21時頃~。阿久さんを亀梨和也さんが演じ、加藤シゲアキさんや松下奈緒さんが脇を固めます。

公式サイト:http://www.ntv.co.jp/24h/drama2017/