西田あい「『歌謡曲』を廃れさせてはいけないっていう気持ちで頑張ってきました」

 来年、2019年5月には元号が改められることが発表され、その翌年には東京オリンピックが開催と、新たな時代の足音がいよいよ近づいてきました。
 由紀さおりのヒット・アルバム『1969』は、歌謡曲黄金期の幕開けとも言える年をテーマにしていました。時代を振り返ってみれば、00年や10年といった区切りの年を控えた、末尾が7~9の年に新たな才能がその頭角を現し、画期的なヒットを生み出しています。
 例えば中村八大と永六輔の“六・八コンビ”が「黒い花びら」をヒットさせたのは1959年のことでした。阿久悠は1967年に本格的に作詞家としての活動を始め、1969年に「白いサンゴ礁」がヒットしたことでその地位を確立しました。
 1987年にメジャーデビューしたザ・ブルーハーツ、ユニコーンは1990年に絶頂を迎えるバンドブームを牽引、演歌の世界でも1987年に坂本冬美、88年に香西かおり、89年に藤あや子がデビューしています。
 そして2000年を前にした1998年には宇多田ヒカルと椎名林檎が登場し、日本の音楽シーンを一変させました。
 2020年という節目を目前にした今、Romancer Cafeでは、新たな時代を切り拓く豊かな実力と将来性を備えた、フレッシュなアーティストたちをご紹介していきます。どうぞ、その活躍にご注目ください!

どんな人?

西田あいさんは、2010年に平尾昌晃さん作曲の「ゆれて遠花火」(作詞は石原信一さん)でデビュー、平尾さんが「新しい時代の歌謡曲のスターになってほしい」との願いを託した逸材です。歌手を志して平尾昌晃ミュージックスクールに学び、後にレコード会社のスカウトを受けた西田さん。アイドル的な容姿に、親しみやすいキャラクターと聡明さを感じさせるトーク(時折のぞく鹿児島訛りがチャームポイント。本人曰く、日本語、英語、鹿児島弁のトリリンガルだそう…笑)と、豊かな才能と魅力に恵まれ、着実な成長を続けています。8月8日発売の新曲「愛が足りなくて」には従来とは違った新展開も見られ、これからがますます楽しみな期待の星に、あふれる歌謡曲への想いを聞きました。

どちらの曲も私そのものですって言えるくらい

―― 新曲の「愛が足りなくて」ですが、とてもストレートな女性の恋愛感情が描かれていますね。

西田 特に男性の中には怖いと感じる方もいるかも知れませんね(笑)。

―― 初めはポップな曲調で明るく軽やかなのが、途中からシリアスな印象に変わって、とてもリアルな恋愛がイメージされます。カップリングの「翔べない踊り子」の主人公は、どちらかと言えばか弱く儚げな女性像で、「愛が足りなくて」と並べると、人の二面性が見えてくるような気もします。

■西田あい「愛が足りなくて」

西田 そう思いますか? 実は私、どちらの曲も私そのものですって言えるくらいの、二面性の持ち主なんです。

―― そうなんですか。だとすると、レコーディングの際には歌の世界に入りやすかった?

西田 今までに比べて一番入りやすかったと思います。でも、レコーディングの時点では自分と重なる部分が多いことには気付いていませんでした。取材を受けて新曲について話したり、キャンペーンでお客さまに聴いていただいたりするうちに、私とリンクするところがとても多いのを感じるようになってきたんです。生まれた日毎の性格を書いた本によると、7月14日生まれの私は、安定を求める気持ちと冒険心を併せ持った類いまれな性格の持ち主らしいんです。

―― どうやってその両極端とも言える性格のバランスを保っているんでしょうね。

西田 たぶん取れていないと思うんです(笑)。

―― では、その葛藤に悩むことも多いでしょう。

西田 それが自分の日常なので特別に意識することもなくなっているんですけど、あぁ、私が今こういう気持ちになっているのはこの二面性のせいだなって気付くことはあります。

―― そういう状態にも慣れるものなんですねぇ。

西田 そうみたいです。ステージに立って沢山の視線や拍手を浴びる中で充実を感じている自分もいれば、家にこもって私の安住の地はここしかない、みたいな感覚になっている自分もいて、そういうのが当たり前になってるんです。それで、私はこういう仕事に向いているのかいないのかって不思議な気持ちになったりします(笑)。先日30歳になって、結婚のことも以前より現実味を持って考えるようになったんですけど、私の母のように、家を守り子を育てる典型的な薩摩おごじょとしての生き方を理想と思う半面で、私にはそういう生き方はできないだろうとも考えているので、よほど器用に私のバランスを保ってくれる人とじゃないと結婚は無理だよなぁなんて思います。

―― そんな理想のパートナーが見つかることを祈りつつも、無責任なようですが、アーティストとしては“普通”の枠に収まらない非凡な人でいてほしいですね。

私は歌謡曲」と胸を張って言えるようになるために

―― 新曲では作詞に岡田冨美子さん、作曲に林哲司さんという初めての顔合わせとなる方々に作品提供を受けていますね。

西田 はい。岡田先生、林先生が作品を通して届けてくださった新しい感覚を、表現だけではなくて、その発表の場も新たに求めたりすることで、従来とは違う活動、展開に結び付けていきたいと思っています。

―― 現状、西田さんの主な活動の場は、「演歌・歌謡曲」と呼ばれるジャンルのファンを対象としたステージや番組ですが、西田さんのように着物を着ない、作品も特に和風が濃いわけではない歌手のみなさんを見ていて、もっとふさわしい場所があるのではないかと思ってしまうことが多いので、新たな発表の場は是非とも開拓されてほしいですね。

西田 昭和の時代ほど「歌謡曲」というもののイメージがハッキリしていない今って、「演歌」のほうがわかりやすいと思うんです。着物を着ていれば「演歌」を歌うんだろうな、という目印みたいになりますし。それに比べると「歌謡曲」は曖昧なので、「歌謡曲」単独で展開しようとすると、その場所がなかなか見つからないというのが現実だと思います。「演歌」「J—POP」は割と明確だけれど、実は私みたいにどちらにも入らない歌手も沢山いて、でも、それを「歌謡曲」と呼ぶのはどうも漠然とした印象になるみたいなんですよね。歯痒いなと思うんですけど……。

―― その難しさ、大変さは客観的な立場にあっても想像できます。

西田 たぶん「歌謡曲」というものへの意識を変えて、もっと割り切ってしまえば楽だったと思うんです。違和感を持たれる方もいらっしゃるでしょうけど、私も「演歌」ですって言い切ってしまうとか。でも、そうしたくない私がいて。わかりやすさを優先させて「演歌歌手の西田あいさんです」って紹介されても何も言わないでいた時期もあったんですけど、今はきちんと「そうではなく歌謡曲です」と言っています。だって「歌謡曲」だからやっていこうって思ったし、「歌謡曲」を廃れさせてはいけないっていう気持ちで頑張ってきましたから。
ただ、「歌謡曲です」って言った時に「歌謡曲って何?」って訊かれても、こういうものですって返せる現在の例がなかなか見つけられないのが残念なところで、そういう時に私は「小柳ルミ子さんや山口百恵さん、テレサ・テンさんが歌っていらっしゃったのが歌謡曲です」なんて答えてます。自分では「歌謡曲」の真ん中にいるって思っていても、それがどういうポジションなのかを、誰にでもわかりやすく伝えることができなくて、気持ちが弱くなるようなこともありました。でも、こうして8年歌ってこられましたから、今は迷いなく「私は歌謡曲」と言い切れます。ただ皆さんに認めていただけるだけの成果を上げていないので、胸を張って言えるようになるために、もっともっと努力しないといけないと思ってます。

―― 本来は細かなジャンル分けなんて要らなくて、全てが歌謡曲であるという考え方でいいと思うんですが、それぞれの特徴や傾向をわかりやすく示すために「J-POP」「演歌」「ロック」といったカテゴリーが出来て、ある部分では便利に思われています。でも、その反面で不自由さを感じさせられている人たちも少なからずいるというのが歌謡界の現状ですね。

西田 「感じさせられている」なんていう被害者みたいな意識は全くありませんし、さっきも言いましたけど、歌謡曲に対する自覚もあります。でも、まだまだこの時代の歌謡曲というものを確立するには時間や努力や成果が必要なんだと思います。

―― そう、まずわかりやすいのは成果ですね。例えば、さだまさし、高橋真梨子、中島みゆきなんていう人たちがジャンルを必要としないのは、すでに成果があって、その存在が広く知られているからですものね。つまり、ヒット曲やステージの高評価によって誰もが知る歌い手になれば、敢えて西田さんが「歌謡曲」の歌手だと名乗ることもなくなるわけで、今はその過程にあるということでしょうね。

西田 そうですね。そのつもりでやってきましたし、時間はかかってますけど、少しずつ「西田あい」の「西田あい」的なものを磨いて積み重ねられているとは思ってます。

YouTubeで「ニシアイチャンネル」をスタート

―― 現在の西田さんにはとても前向きな気持ちを感じますし、それが表情にも表れているんでしょうが、とても清々しく見えます。

西田 ありがとうございます。人間としても中途半端な感じだし、歌手としては新人でもなければ一人前とも言えないような状態で、自分のことを見つめてみたり、方向性を考えたりしながら悩むことが3、4年ほど続いていましたが、お蔭さまでそのモヤモヤ期を抜けましたので(笑)。

―― では、悩んでしまった時にどうやって脱出し、前に進む気持ちをどのようにして養ってきたか伺えますか。

西田 一番は、お客さまからの拍手や声援をいただけたことです。「よかった」「いい歌だった」なんていう声にどれだけ背中を押していただけたか。こういう仕事をしていると、お客さまの前でどう歌うかで悩むことが多いんですけど、それを解決する場所もお客さまの前なんです。そして、そういう場を離れて一人になった時には散歩がとても大事だったし、今でも大事にしています。

―― プロフィールには趣味として「芸術的散歩」と書かれてますね。

西田 これはデビューの頃から変わっていないんですけど、木々を見る、映画を観る、絵画を観る、自分以外のアーティストの方の音楽に触れるなんてことも含めて、街を歩く、知らない所へ、時間があれば海外へでも出掛けていって、様々に感じて、いろいろ吸収するというのが、私の芸術的散歩です。

―― これは西田さんの二面性の冒険心のほうですね。

西田 そうですね、安定を求めるほうの私は、散歩に出ない時は、家にこもってひたすらスマホとかの持ち物をパールビーズなんかでデコレーションしたり、アクセサリーを作ったり、塗り絵をしたりしています。

―― きっと、そのデコレーションや塗り絵のセンスには、芸術的散歩で受けた感動や刺激が生きているんでしょうし、当然、歌にも反映されているはずですね。

西田 そうなんでしょうね。だとすれば、ちゃんと散歩が役に立ってるみたいですね(笑)。

―― 間違いなく役立っているでしょう。それに、そういうセンスはこれからのステージづくりのために発揮されるべきだし、散歩の途中で撮った写真や完成した塗り絵を、歌と一緒に発表していくなんていうことも考えられますよね。

西田 うわー、そういうことまで考えると、もっともっと楽しくやれそうですよね。

―― 歌だけでなく、いろいろできる人だから、いろいろやってほしいと思います。

西田 いろいろできるかどうかはわかりませんけど、いろいろやりたい気持ちはあるので、それを一つの形にしてみようということで、この春からYouTubeにチャンネルを開設して動画を配信してるんです。

―― それが「ニシアイチャンネル」ですね。

西田 そうです。配信の頻度が高いので、時間のやり繰りなんかも大変なんですけど、楽しみながらやらせていただいてますし、やり甲斐を感じてます。ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)って言われている気持ちよくなる音を探してお届けしたり、マネージャーさんにくすぐられながら童謡を歌い切ることができるかに挑戦したりしてます(笑)。

■「ニシアイチャンネル」の投稿動画

―― くすぐられながら歌うなんて、おバカな感じでいいですね(笑)。普段の真面目に歌っているのとは別の姿を見られるのは、ファンにはとても嬉しいだろうし、歌以外のところでより多くの人に知られるきっかけを持てるのはいいことですよね。

西田 そうですね、まだ手探りの部分も多いですし、どんな風に受け止めていただいているのかがわかってくるのは、これからだと思うので、よい結果につながるように楽しみながら続けていこうと思ってます。

―― その感覚、いいですね。こういう時、頑張ろうとする人が多いですが、頑張ると負荷が掛かるじゃないですか。そういうものの生じない、楽しみながら続けるやり方を見つけること、選ぶことって大事でしょう。

西田 そう思います。私、もうすぐ22歳というところでデビューしたんですが、若くて何もわからない、知らないという状態でしたから。いや、今だって大してわかっても知ってもいないんですけど(笑)。とにかく、よりよい表現のためには多くを経験することだと思っていたんです。それで、いろいろ経験しながら早く大人にならなければいけないっていう、強迫観念みたいなものを抱くようになって、20代の半ばまでそれに苦しめられていました。頑張って、自分に負荷を掛けてしまっていたと思います。今、その頃の自分に声を掛けてあげられるとしたら「そんなに頑張らないで、もう少しのんびりやりなさい」って言いたいですね。

私だけの西田あいのポジションを見つけたい

―― ところで、秋に『西田あい歌謡コレクション LIVE』が開催されますね(Vol.9 10月21日@大阪 京橋BERONICA/Vol.10 11月11日@東京 八重洲HIT STUDIO)。

西田 これは、さっきお話ししたモヤモヤ期に始めたもので、もう一度、私自身が、大好きな歌謡曲の魅力を実感したかったというのが原点で、とにかく好きな歌をうたうというのが基本です。それに、例えば私が25歳の時に、発売されてから25年目の曲を集めて歌うなんていうように、テーマを決めて続けてきました。

―― その「とにかく好きな歌をうたう」というところがいいですね。そこから西田あいさんという人の、普段は見えない表情も見えてくるでしょうから。ところで、西田さんが一番好きな歌謡曲って何でしょう?

西田 えーっ、難しいですねぇ、絞れないなぁ……。あの、宇崎竜童さんと阿木燿子さんのご夫妻が作られる世界が好きなんですけど、この答えじゃダメですか? そして、お二人の作品を歌う山口百恵さんも好きです。

―― この三者の組み合わせとなると、自ずと曲名も見えてきますが。

西田 あ、そうですね、この3人で作って歌われたものを聴いて、私は歌謡曲が好きになって今に至っているので、好きなのと同時にとても大事な曲でもありますね。最初に聴いたのは「イミテイション・ゴールド」だったと思うんですけど、「プレイバックpart2」も同じように、映画を1本観たようなドラマが1曲の中で展開されていて、歌謡曲ってこういう歌詞の表現もできるんだって思わされて、とても衝撃的だったんです。アレンジにしても、エレキ・ギターの音で、もっと和風なものだと思っていた歌謡曲のイメージが大きく変わりましたし。

―― 「イミテイション・ゴールド」なんて、初めて聴いた時には、どんなドラマが描かれているのか細部まではわからなかったでしょうが、かなり生々しい内容です。「愛が足りなくて」は従来の作品と比べると、女性の心情がかなり生々しく表現されていますから、その点では好きだという歌の世界に近付けているように感じますね。

西田 確かに、そう考えると、ほんの少しですけど、近付けているのかも知れません。やっぱり近付きたいですよね、近付いて、最終的には同じ場所に立つのではなくて、私だけの西田あいのポジションを見つけたいです。

―― 西田さんには自らをプロデュースする才能もあると思いますから、是非それも活かして、新しい時代の歌謡曲を創り出していってください。

西田 お話ししながら、これからがますます楽しみになってきました。頑張ります! ありがとうございました。

―― こちらこそ、ありがとうございました。

(聞き手・寧樂小夜)


西田あい最新シングル「愛が足りなくて」8月8日発売!


ご意見・ご感想を
お待ちしております。

お名前

メールアドレス

本文