中澤卓也「演歌・歌謡曲の魅力を、多くの人に届けていくのが僕の役割」

 来年、2019年5月には元号が改められることが発表され、その翌年には東京オリンピックが開催と、新たな時代の足音がいよいよ近づいてきました。
由紀さおりのヒット・アルバム『1969』は、歌謡曲黄金期の幕開けとも言える年をテーマにしていました。時代を振り返ってみれば、00年や10年といった区切りの年を控えた、末尾が7~9の年に新たな才能がその頭角を現し、画期的なヒットを生み出しています。
 例えば中村八大と永六輔の“六・八コンビ”が「黒い花びら」をヒットさせたのは1959年のことでした。阿久悠は1967年に本格的に作詞家としての活動を始め、1969年に「白いサンゴ礁」がヒットしたことでその地位を確立しました。
1987年にメジャーデビューしたザ・ブルーハーツ、ユニコーンは1990年に絶頂を迎えるバンドブームを牽引、演歌の世界でも1987年に坂本冬美、88年に香西かおり、89年に藤あや子がデビューしています。
そして2000年を前にした1998年には宇多田ヒカルと椎名林檎が登場し、日本の音楽シーンを一変させました。
 2020年という節目を目前にした今、Romancer Cafeでは、新たな時代を切り拓く豊かな実力と将来性を備えた、フレッシュなアーティストたちをご紹介していきます。どうぞ、その活躍にご注目ください!

どんな人?

 一昨年の暮れ、演歌・歌謡曲に力を入れている都内のレコード店スタッフの間で、大いに話題になっているデビュー前の青年がいました。それが昨年の1月に日本クラウンからデビューした中澤卓也さん(22)です。
 甘いマスク、スラリとしたスタイル、確かな歌唱力と、評判になるポイントをいくつも備えていますが、先のスタッフたちは異口同音に「彼には何かある」と、それ以外に大きな、しかし言葉で言い表すのが難しい魅力があることを話していました。その“何か”の正体は、中澤さんの歌を聴き、ステージをご覧になる皆さんに確かめていただきたいと思いますが、その言葉にならない魅力こそ、スター性、オーラなど様々な言葉で表されてきた、人気の素とも言える大切な要素ではないかという気がします。
 少年時代はカー・レーサーを目指し、その後、歌の世界に導かれて音楽活動を開始。アマチュア時代には地元の新潟を拠点にライブやネット配信を行って多くのファンを獲得していました。2013年には家族の勧めにより県内で開かれた『NHKのど自慢』に出場、みごとチャンピオンとなり、レコード会社からスカウトを受けました。アマチュア時代から多くの女性ファンの熱烈な支持を受けていた中澤さんは、デビュー8カ月後の昨年9月には東京・赤坂BLITZでワンマン・コンサートを成功させるという、近年の演歌・歌謡曲シーンでは異例とも言えるスタート・ダッシュを見せて、注目を集めると共に大きな期待を寄せられています。そんな中澤さんに歌に注ぐ想いを聞きました。

中澤卓也オフィシャルサイト
中澤卓也オフィシャルブログ「ダイヤモンド・ダイアリー」

大切なのは歌詞やその内容を伝えること

 

―― 赤坂BLITZの公演では、実に多彩な選曲がされていて、中澤さんの方向性が明確に示されていたと思います。曲はどのように選ばれましたか。

中澤 僕が希望して歌わせていただいたものもありますし、クラウンのスタッフの方と相談して決めたものもあります。「勝手にしやがれ」とか「君が美しすぎて」などはキャンペーンで歌って、特にファンの皆さんに喜んでいただけたものでしたので、初めてのコンサートを盛り上げる意味でも選ばせていただきました。「ワインレッドの心」や「別れの朝」「愛はかげろう」などは「卓也に合うんじゃない?」という提案をいただいてリストに加えたものです。

―― 初めて歌った曲の評価が気になりますね。
中澤 そうですね。実は「別れの朝」や「愛はかげろう」は、それまで聴いたこともなかったんですが、やはり大切なのは歌詞やその内容を伝えることだと考えて歌ったのがよかったのか、お蔭さまで好評をいただけました。
―― 「GOLDFINGER ‘99」は意外でした。
中澤 これも初めて歌ったんですが、デビュー前から主にバラード系を歌っていて、こういうアップ・テンポのものは、友だちとカラオケに行った時に歌うくらいだったんです。ですから、お客さまの前で歌うのは一つの挑戦とも言えたんですが、特に男性の方に評判がよくて、僕自身もファンの方と一緒に楽しむ感覚で歌えたので、選んでよかったと思いました。

「氷雨」のイントロに惹きつけられた

―― 昭和の時代にヒットした演歌やフォークから近年の楽曲までとレパートリーの幅広さが中澤さんの大きな魅力ですが、そもそも中澤さんはどんな歌や音楽に囲まれて育ったんでしょう。
中澤 まず小さい時は、両親が好きだった影響でB’zの曲をよく耳にしていましたし、当時のビデオを観ると、口も回らないのにB’zの歌を一生懸命うたってましたね。でも、初めていい曲だなと思って聴いたり歌ったりしたのは、森山直太朗さんの「さくら」でした。それが小学2年生の頃で、自分で買った最初のCDなんです。それからは森山さんの他に平井堅さんとかコブクロとか、バラード系を聴くようになりました。
―― 例えばヘビーメタルやボカロに傾くようなことはありませんでしたか。
中澤 そうですね、ヘビーメタルのライブ会場がヘドバンで一体化しているのを観てすごいなと感じたことや、ボカロがコブシを回して演歌をうたったら面白いんじゃないかな、なんて思ったことはありますけど、やっぱり、僕はバラード系や歌謡曲が好きですね。
―― その魅力は。
中澤 日本語やその響きが大切にされていることが一つですね。それを踏まえて、自分で歌う時に、どうしたら歌詞に描かれた感情や風景を、聴く人の心に届けられるかということを考えるのも好きなんです。
―― レパートリーには、中澤さんが生まれる前の作品も数多く含まれていますが、どういうきっかけで歌い始めましたか。
中澤 僕は田尾将実先生に歌を教わっているんですが、レッスンの中でより多くの方に聴いていただけるようにということで「君は心の妻だから」や「氷雨」といった昭和の演歌・歌謡曲というものを教えていただくようになりました。
―― アマチュア時代はギター弾き語りでJ-POPのバラード系を主に歌っていたという中澤さんは、演歌・歌謡曲をどんな風に感じたんでしょう。
中澤 最初にレッスンしていただいたのが「氷雨」で、聴くのも初めてだったんですが、イントロにまず惹きつけられました、とても哀愁が感じられて。歌が始まると、詞の世界にも引き込まれましたし、J-POPでは感じることのない、深くて細やかな独特の感情表現があるのを感じたんです。そして、それが演歌・歌謡曲というジャンルの大きな魅力なんじゃないかと考えるようになりました。演歌とか歌謡曲って聞くと、若い人は年配の方が聴くものという印象を受けると思うんですが、本当は全然そんなことはなくて、日本人の心を持った人なら、世代に関係なく理解できるし共感できる音楽だと思っていて、今はその魅力を、年齢も性別も関係なく多くの人に届けていくのが僕の役割だという風に考えています。

演歌・歌謡曲に終わりはないと思う

―― 演歌・歌謡曲、特に演歌は長いこと、いずれなくなると言われ続けてきましたが、歌い手の一人として、このジャンルのこれからをどのように考えていますか。
中澤 僕はとても可能性のあるジャンルだと思っていますし、そこで活動できていることは自分の大きな武器だと考えています。単純に演歌・歌謡曲と言っても、とても多様性があって、それぞれにファンがいる。共感を得やすい分、長く愛される傾向にもありますし、時代の流れであるとか、その時々に求められる歌い手のタイプなどによっても変化するので、終わりはないと思うんです。でも、流行歌という言葉があるように、時代と足並みが揃っていないと受け入れてもらえないと思うので、これから先に歌い続けていく中では、僕自身のアンテナが錆びついてしまわないように磨き続けていくことも大事だと思っています。
―― 若いのに、歌謡曲というものの本質をよくわかっていらっしゃると思います。
中澤 いや、まだまだ勉強することばっかりです(笑)。
―― 演歌・歌謡曲には多様性があるとおっしゃいましたが、中澤さんのデビュー曲「青いダイヤモンド」と2作目の「彼岸花の咲く頃」を例にとっても、爽やかな青春歌謡とセンチメンタルなバラードといったように色合いが違います。それに歌い方も変えている。

■デビュー曲「青いダイヤモンド」

中澤 歌い方は意識的に変えたのではなくて、どちらも田尾先生にレッスンしていただく中で自然発生的に出てきたものなんです。
―― 2曲だけ聴いても印象が違うので、球種の豊富なピッチャーみたいなイメージです。
中澤 歌によって、どういう声の出し方、どういう表現の方法がいいだろうかって考えて、自分なりにベストと思えるものを選んでいるつもりなんですけど、そういう選択の幅というのもレッスンで身についてきたものですね。
―― 打者によって球種や配球を変える頭脳派のピッチャーのような……。
中澤 曲ごとにどう歌うか考えますけど、これは演歌・歌謡曲というものが元々僕の中にはなかったからだと思うんです。子供の頃からレーサーになろうと思っていて、歌うと言えば友だちとカラオケに行く程度でしたから、例えば小さい時から演歌・歌謡曲をうたってきて、そのエッセンスが身体に染みこんでいるというタイプではなかったんです。だから考えて歌わざるを得ないというのが本当のところでしょうね。田尾先生のレッスンは、マンツーマンで少しずつ歌いながら教わるという方法ではなくて、課題曲を僕ひとりで歌って、時々先生がアドバイスしてくださるという形式なんです。演歌・歌謡曲の下地がないので、先生にああ歌え、こう表現しろと言われてもできなかったと思うんですが、今のようなやり方を続けてきたので、自分で考えたり、自分に問いかけたりしながら、少しずつ歌い方や表現の方法を見つけて増やしてこられたと思うんです。球種の豊富なピッチャーなんて言っていただけるのは、田尾先生のお蔭です。ダメ出しを受けることも本当に多かったんですが、初めから正解だけ教わらずに、失敗も重ねてきたことがとても大事だったなと思えます。

自分でもちょっと変なのかなぁと(笑)

―― 下地のなかった人が約4年のレッスンを経て、今ではプロとして歌を披露しているんですから、やはり素質があったんでしょうし、解釈したり吸収したりする力も豊かなんだと思います。感受性が強いとか繊細だとか言われることはありませんか。
中澤 特にそういうことをよく言われるわけではないんですが、変なポイントで泣くことがあります。
―― 変なポイント?
中澤 例えばテレビを観ていて、何かのスポーツで優勝した人が映るとするじゃないですか。すると僕は、その人ではなく、その周りのスタッフやファンの人のこれまでや心情を勝手に妄想して、そこに感動して泣いてしまうんです。
―― もらい泣きではなく?
中澤 はい、もらい泣きではなくて、勝手な想像で泣くんです(笑)。
―― 想像力が豊か?

中澤 よく言えばそういうことかも知れないんですけど、普段でも電車なんかに乗っていて、なんとなく気になる人がいると、勝手にその人のきょう一日とか、このあとの行き先なんかを想像していることが多いんです、自分でもちょっと変なのかなぁと思うので、あまり人に話したことはないんですけど(笑)。
―― 人間観察?
中澤 観察で終わっていなくて、想像を膨らませるところまで行ってしまうんですけど、人を見るのが好きなんですよね。
―― 人の仕種や表情からその人の行動や心情を想像する力というのは、詞に書かれた言葉やメロディーからドラマを描き出して演出する歌手という職業には実に有効だと思いますが。
中澤 確かに、全く役に立っていないわけではないと思いますけど、それが活かされているかどうかは聴いてくださる方に判断していただくしかないですね。
―― ただ、イメージを膨らませる力が豊かだとすれば、ある素材から物語を作って、それを歌にするとか、一つのショーにまで展開させていくといったこともできそうですから、今後の活動にも大いに役立つでしょう。話を伺っていると、中澤さんの前途は希望や可能性で溢れているような気がしてきます。
中澤 ありがとうございます(笑)。でも、歌に限らず、せっかく自分が就いた仕事や参加した企画なら、やると決めた以上はネガティブになっていたら勿体ないし、探究心や向上心を持って続けていくことで、楽しさも可能性も大きくなってくると思うんです。
―― 頼もしいですね。こういう若い人が時代を創るんだと思いますし、ぜひ創ってほしいですね。例えば低迷とか衰退とか言われている演歌・歌謡曲が終わってしまったとしても、中澤さんたちが新しい時代の歌をうたっていってくれればいいんじゃないかと思えますし。
中澤 勿体ないくらい評価していただいていると思いますけど、少しでも応えられるように頑張りたいですね。

日本語って面白いし、深い

―― ところで最後に仕事を離れたところでの、最近のお気に入りを教えてください。
中澤 趣味でスニーカーを集めてるんですが、これは以前からのことなので、最近というと一つはネット・サーフィンですね。特に休みの前夜は、寝落ちするまで好きなカーレースやお笑いの動画を観ています。
―― お笑いも好きなんですね。気に入っている芸人さんは?
中澤 千鳥、銀シャリ、ナイツ、サンドウィッチマンですね。皆さん、言葉の感覚が素晴らしいと思うんです。千鳥だとコールセンターのネタで「ベニズワイガニエビミ」なんていう名前の人が出てくるじゃないですか(笑)。大吾さんのああいう言葉のチョイスって天才的だなと思います。そういうセンスや才能を持った人の芸を観ていても、言葉、日本語って面白いし深いと思いますよね。
―― 今の話からも中澤さんが日本語や言葉を愛して大事にしていることがわかります。その心を大切に、ますますいい歌をうたっていってください。活躍を期待しています。
中澤 どうもありがとうございます!

(聞き手・寧樂小夜/協力・月刊りぶる)


 

【曲目】1 青いダイヤモンド/2 勝手にしやがれ(沢田研二)/3 星降る街角(敏いとうとハッピー&ブルー)/4 君恋し(フランク永井)/5 君が美しすぎて(野口五郎)/6 君は心の妻だから(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)/7 君は薔薇より美しい(布施明)/8 さそり座の女(美川憲一)/9 別れの朝(ペドロ&カプリシャス)/10 ワインレッドの心(安全地帯)/11 愛はかげろう(雅夢)/12 時の過ぎゆくままに(沢田研二)/13 Can’t Help Falling In Love(エルヴィス・プレスリー)/14 さくら(独唱)(森山直太朗)/15 愛し君へ(森山直太朗)/16 見上げてごらん夜の星を(坂本九)/17 危険なふたり(沢田研二)/18 YOUNG MAN(西城秀樹)/19 GOLDFINGER‘99(郷ひろみ)/20 黄昏に/21 青いダイヤモンド/22 ありがとう あなたへ/歌手名の表記のないものはオリジナル(戻る)


中澤卓也最新シングル
彼岸花の咲く頃」好評発売中!

■「彼岸花の咲く頃」の試聴はこちら


ご意見・ご感想を
お待ちしております。

お名前

メールアドレス

本文