水雲-MIZMO-「私たちにしか出せない色合いを持った演歌を届けていけたら」

 来年、2019年5月には元号が改められることが発表され、その翌年には東京オリンピックが開催と、新たな時代の足音がいよいよ近づいてきました。
由紀さおりのヒット・アルバム『1969』は、歌謡曲黄金期の幕開けとも言える年をテーマにしていました。時代を振り返ってみれば、00年や10年といった区切りの年を控えた、末尾が7~9の年に新たな才能がその頭角を現し、画期的なヒットを生み出しています。
 例えば中村八大と永六輔の“六・八コンビ”が「黒い花びら」をヒットさせたのは1959年のことでした。阿久悠は1967年に本格的に作詞家としての活動を始め、1969年に「白いサンゴ礁」がヒットしたことでその地位を確立しました。
1987年にメジャーデビューしたザ・ブルーハーツ、ユニコーンは1990年に絶頂を迎えるバンドブームを牽引、演歌の世界でも1987年に坂本冬美、88年に香西かおり、89年に藤あや子がデビューしています。
そして2000年を前にした1998年には宇多田ヒカルと椎名林檎が登場し、日本の音楽シーンを一変させました。
 2020年という節目を目前にした今、Romancer Cafeでは、新たな時代を切り拓く豊かな実力と将来性を備えた、フレッシュなアーティストたちをご紹介していきます。どうぞ、その活躍にご注目ください!
シリーズ一覧
①水雲-MIZMO-
③Coming Soon

どんなグループ?

 水雲-MIZMO-(オフィシャルサイト)は、氷川きよしや山内惠介を送り出した作曲家・水森英夫氏が、オーディションで選んだ3人によって結成され、2013年にインディーズ・デビュー。その後、2度のメンバー・チェンジを経て、現在のNAO、AKANE、NEKOのトリオとなり、国内のみならずアメリカ、フランスなどで公演。そこで高い評価を得たことから、昨年5月には米ロサンゼルスで行われた大リーグの試合前にアメリカ国歌を斉唱するという大役を務めました。同年9月に「帯屋町ブルース」でメジャー・デビューすると、全国各地でキャンペーンを行うほか、AKANEがテレビ東京『カラオケバトル 歌の異種格闘技戦』に出場して高得点を連発するなどして注目度を高めています。日本人2名とアメリカ人という構成もユニークですが、彼女たちの最も特徴的な点は、オリジナルからカバーまで様々な楽曲を抜群のコーラス・ワークで届けること。レパートリーは懐メロ、歌謡曲、演歌、ロック、洋楽と実に幅広く、水雲ならではの表現は一度聴いたら忘れられなくなるという声も納得の魅力にあふれています。
 いよいよ本格化した活動のなか、彼女たちが目指すものは何なのか、それぞれのプロフィールとともに聞いてみました。

漫画・アニメが好きで、演歌で結ばれた3人

———まず一番新しいメンバーのNEKOさん(2016年加入)に伺います。アメリカ人の方が、なぜNEKOと名乗るようになったんでしょう。

NEKO私はメジャー・デビュー前に加入しましたから、メジャー・デビューできるようにという願いを込めて、福を招けるように招き猫にあやかってNEKOになりました。私の本名よりNEKOのほうが日本の皆さんには馴染みやすくて、すぐに憶えてもらえると思うから、いい名前だと思います。

———そもそもNEKOさんが来日したのは趣味がきっかけだったそうですが、その辺りを話していただけますか。
NEKO私は、アニメとか漫画とかゲームとかが好きで、けっこうオタクです(笑)。たまたま日本の『鋼の錬金術師』というアニメを観たんですが、声だけでこんなにいろいろな表現ができるとわかって、私も声優になりたいと思いました。初めはアメリカで声優になろうと思っていましたが、勉強するなら声優について世界一だと思う日本がいいと思って、アニメーションの学校に入って2年間の予定で来日しました。
———そのNEKOさんが、どうして水雲のメンバーになったんでしょう。

NEKO学校を卒業したらアメリカに帰るつもりでしたが、日本が大好きでしたので、もう少し勉強したいと思って、そのために働くところを探して、水雲の事務所で内定をもらいました。そこでスタッフの方に、歌うことも好きですと話したら、オーディションを勧められて、受けてみたら水雲に入ってしまいました(笑)。
——— 新メンバーがアメリカ人だと聞いて驚きましたが、NEKOさん自身にも意外なことだった(笑)。AKANEさんも漫画が好きなんですよね。
AKANEはい、よく種村有菜さんの作品や『キングダム』を読んだり、模写したりしています。
——— NAOさんはいかがですか。
NAO私も漫画が好きで、特に『ベルサイユのばら』の大ファンになってしまったんです。それで何度も何度も繰り返し読んだんですけど、それでは物足りなくて、漫画以外の本は苦手だったのに、“ベルばら”の時代のフランスやヨーロッパについて書かれた本も読むようになって、今は移動中も読書しています。
——— 共通して漫画・アニメが好きな3人ですが、皆さんが揃って歌っているのは演歌。中でもAKANEさんが一番演歌色が濃いようですが。
AKANE そうですね。祖父母がカラオケ・スタジオを経営していて、小さい時から自然に演歌を聴くようになって、小学校4年生くらいからはカラオケ教室に通って自分も歌うようになっていました。高校2年の時に『NHKのど自慢』でチャンピオン大会に出場できて本当に気持ちよかったんです。それまでは祖父母や喜んでくれる人のために歌っているつもりだったのが、純粋に自分の気持ちとして、もう一度そのステージに立ちたいと思うようになりました。
——— 最初に好きになった歌は何でしたか。
AKANE 山形くるみさんの「祭り」です。他には天童よしみさんや島津亜矢さんのような力で押すタイプの歌が好きです。よく色気がないねって言われるんですけど、自分の持ち味はパワーだと思ってますので、聴いてくださった方に「元気になった」と言っていただけるような歌手を目指しつつ、色気も少しずつ勉強していけたらと(笑)。
——— プライベートでは演歌以外も聴きますか。
AKANE はい、でも、やっぱりSuperflyさんとか広瀬香美さんとかパワフルな方が好きですね。最近は映画『グレイテスト・ショーマン』のサントラをよく聴いてます。ヒュー・ジャックマンさんたちの歌が素敵なんです。

演歌は面白いとかカッコいいと感じていただけるような活動を(NAO)

——— 一番演歌歌手らしいAKANEさんも、きっとJ-POPや洋楽の影響を受けているでしょうし、演歌というものの内容やイメージは時の流れと共に変わっていると思います。では、今の時代にうたう水雲の演歌を、NAOさんはどんな風に考えているんでしょう。

NAO 私は元々クラシックを勉強してきて、水森先生のレッスンを初めて受けた時に、同じ歌なのにこんなに違うんだと感じて打ちのめされたんです。そこから一生懸命勉強してきたんですけど、発声からして違うし、コブシとか唸りとかしゃくりとか演歌特有の技術もあるので、どんな歌をうたう時にも、そういう演歌の特色を生かして表現することで、聴いてくださる方に、演歌は面白いとかカッコいいと感じていただけるような活動をしていきたいと思ってます。
——— クラシックの道を歩んできたNAOさんを惹きつける演歌の魅力とは何でしょうか。
NAO 一つは、小学校3年の時に「ちびっこのど自慢」で「津軽海峡・冬景色」が歌われるのを聴いて、短い歌の中にドラマが描かれていたのに感動したことですけど、やっぱり水森先生のレッスンを受けて、水雲として活動する中で様々な演歌に触れることで、詞や曲に胸を打たれるようなことが多くなって、やっぱり人の心を震わせるような力を持っているんだと実感するようになりました。それは、NEKOちゃんがそうだったように、外国の人にも通じるものだと思います。
ただ、水雲が表現していくとなると、私とNEKOちゃんはAKANEちゃんほどは身体の中に演歌が入っていなくて、私は例えば最近もフランスの『1789 ―バスティーユの恋人たち―』というミュージカルの音楽が素晴らしいと思っていて、4月から帝国劇場で行われる公演も楽しみにしているんですけど、そういう感覚を生かすことで、私たちにしか出せない色合いを持った演歌を届けていけたらと考えてます。

3人が個々のポジションで頑張れるところが強み(AKANE)

——— 水雲の3人にしか出せない色合いこそが、最も魅力的で期待される点だと思うんですが、例えばNAOさんが水雲に与えるものは何でしょう。
NAO 新しいカバー曲を歌う時に、そのアレンジをさせていただいているんですけど、元がクラシックなので、演歌では通常ならこういくというパターンとは違うものを盛り込めるんではないかと思っています。
——— では、NEKOさんにとっての演歌とは。
NEKO 私は初めて水雲の歌で演歌を知って、いま考えると、それは普通とは少し違う、新しい演歌だったかも知れませんけど、すごくいいなと思いました。「米~kome~」はカッコいいと思ったし、「帯屋町ブルース」は懐かしい感じがしました。
——— ブルースはアメリカの発祥ですものね。
NEKO そうですね、どこかで聴いたことがあるなぁと思いました。
——— そもそもNEKOさんは、どんな音楽が好きでしたか。
NEKO 国もジャンルも関係なく、何でも聴いてきました。有名な人ではアバとかクイーンとか。最近のバンドではフォール・アウト・ボーイが好きで、この頃はELISAさんの「Rain or Shine」が気に入っています。『91Days』というアニメのエンディング・テーマになっているバラードなんですけど、ELISAさんが歌う高音の♪ラララ~というフレーズから切ない感情が伝わってきて、優しい雨を聴いているような気がします。歌うことも好きでしたけど、自分では上手いと思ったことはありませんでしたから、オーディションに受かった時は「なんで!?」って思いました(笑)。

AKANE 私たちは低音パートのメンバーを求めていて、そこにNEKOちゃんはぴったりの声でしたし、水森先生は発声と感情表現が素晴らしいと言っていました。
——— オーディションには本格的に演歌を勉強してきた参加者がたくさんいて、しかもNEKOさんは外国人であるというハンデを超えて選ばれたんですから、よほど光るものがあったんでしょう。
NEKO さぁ……? 私は勉強するしかありませんから、NAOさんとAKANEさんにも教えてもらいながら頑張ります(笑)。
AKANE 私みたいに小さい時から演歌をうたってきて、それで歌手になりたいと思ったようなメンバーが3人揃っていたら、それぞれが前に出ようとしてしまって、たぶん上手くいかないと思うんです。でも、3人が個々のポジションで頑張れるところが水雲の強みだし、本当にいいバランスでメンバーが集まったなと思います。
——— 確かに、演歌色の人が3人揃っても演歌色だけれど、AKANEさん以外は別な色を持っているので、混ぜ合わせたらどんな色になるんだろうという興味が湧きます。

地球は広くて可能性がいっぱいあるということを伝えたい(NEKO)

——— 新メンバーによって新装なったメジャー・デビュー盤「帯屋町ブルース」ですが、歌の主人公は面影の人を探して夜の盛り場を訪ねます。3人が「帯屋町~」を歌ってたどり着こうとする目的地の一つには、大晦日の渋谷もあると思いますが。
NAO 私とAKANEちゃんは、同じ事務所の先輩の山内惠介さんが紅白に初出場するまでの過程を、とても身近なところで見せていただいてきたんです。まだまだ力不足なのはわかっていますが、そういう経験をさせていただけているだけに、私たちも続きたいという気持ちは強いですね。
AKANE 初出場決定の電話を受けて、事務所のみんなで万歳をした時の空気は今でも覚えてますし、それを知っているだけに、あの盛り上がりを私たちもって思います。
NEKO 私は外国人なので紅白の本当の重みはわからないんですけど、私が事務所に入った時は、山内さんの紅白出場をお祝いする蘭の花がいっぱいで、とても素晴らしいことなんだと思いましたし、NAOさんもAKANEさんも「私たちも」と言うのを聞いて、私にとっての紅白は「帯屋町~」の主人公が探す人と似たようなものなのかも知れないと思いました。
——— それはぜひ探し当てていただきたいと思いますが、皆さんにとってはあくまでも目的地の一つのはずですから、いずれは帯屋町どころか日本も飛び出して、ますます予測のつかない面白い展開を見せてほしいと思います。
NAO メジャー・デビューしてから、これまでに伺っていなかったいろいろな場所で歌わせていただいているんですけど、どこも楽しくて、もっとたくさん歌いたいと思うので、早くコンサートを開けるようになりたいです。
AKANE まだ演歌には世代の壁みたいなものがあると感じることも多いので、私たちの活動を通してそれを越えていきたいと思っています。
NEKO 私は母国アメリカと大好きな日本の架け橋になれたら嬉しいと思っています。私が育ったノースカロライナ州というのは、あまり日本に馴染みがなかったし、田舎でしたので、自分の住んでいる世界がとても狭く感じられていたんです。でも、日本に来て世界はとても広いことがわかったし、可能性がいっぱいあることも知りました。だから私は、アメリカにいた時の私と同じように感じている世界中の人たちに、水雲の活動を通して地球は広くて可能性がいっぱいあるということを伝えたいと思います。

(聞き手・寧樂小夜/協力・月刊りぶる)


メジャーデビューシングル
帯屋町ブルース」好評発売中!

■「帯屋町ブルース」の試聴はこちら


ご意見・ご感想を
お待ちしております。

お名前

メールアドレス

本文