川上大輔「狭い枠に収まってしまわないで、可能性を高めていきたい」

 来年、2019年5月には元号が改められることが発表され、その翌年には東京オリンピックが開催と、新たな時代の足音がいよいよ近づいてきました。
 由紀さおりのヒット・アルバム『1969』は、歌謡曲黄金期の幕開けとも言える年をテーマにしていました。時代を振り返ってみれば、00年や10年といった区切りの年を控えた、末尾が7~9の年に新たな才能がその頭角を現し、画期的なヒットを生み出しています。
 例えば中村八大と永六輔の“六・八コンビ”が「黒い花びら」をヒットさせたのは1959年のことでした。阿久悠は1967年に本格的に作詞家としての活動を始め、1969年に「白いサンゴ礁」がヒットしたことでその地位を確立しました。
 1987年にメジャーデビューしたザ・ブルーハーツ、ユニコーンは1990年に絶頂を迎えるバンドブームを牽引、演歌の世界でも1987年に坂本冬美、88年に香西かおり、89年に藤あや子がデビューしています。
 そして2000年を前にした1998年には宇多田ヒカルと椎名林檎が登場し、日本の音楽シーンを一変させました。
 2020年という節目を目前にした今、Romancer Cafeでは、新たな時代を切り拓く豊かな実力と将来性を備えた、フレッシュなアーティストたちをご紹介していきます。どうぞ、その活躍にご注目ください!

どんな人?

 今年2月にデビューから満5年を迎えた川上大輔さん(オフィシャルサイト)。同月に発売された8枚目のシングル「パズルを解かないで」では、作詞に岡田冨美子さん(代表曲 鈴木聖美 with Rats & Star「ロンリー・チャップリン」、シブがき隊「スシ食いねェ!」)、作曲に鈴木キサブローさん(代表曲 中森明菜「DESIRE—情熱—」、高橋真梨子「for you…」)と、共に初めての顔合わせとなる作家の作品提供を受けて、前作までとは大きく違った新たな歌の世界へと踏み出しました。ミステリアスな恋愛を、プラチナ・ボイスとも呼ばれる類まれなハイ・トーンの歌声で切なく歌い上げて、今までよりも幅広い歌謡ファンの支持を集める川上さん。ブレイクの時が近付いているのを感じさせる魅惑のシンガーに、これまでのこと、これからのことを話してもらいました。

新しいスタッフとの出会いが生んだ好結果

―― 新曲「パズルを解かないで」の評判から伺えますか。

川上 キャンペーンなどで「声がいい」とか「歌がいい」と言ってCDを買ってくださる方が明らかに増えました。新曲は、テレビの歌番組で僕が歌わせていただくカバー曲との色合いも近いし、歌詞の言葉や内容もいわゆる等身大なので、曲を気に入ってくださった方がそのままライブやイベントに足を運んでくださるというケースが多いみたいです。岡田冨美子先生、鈴木キサブロー先生が、僕のイメージに沿って歌を作ってくださったことが、とてもよい結果につながっていると思います。

■川上大輔「パズルを解かないで」

―― 以前は方向性を模索しているような感もありましたが、今作でそれが明確になった気がします。
川上 制作の段階から、僕がどういう風に歌っていきたいのか、どう歌っていくべきなのかっていうことを、スタッフと一緒にじっくり考えて進められたことが大きかったですね。結局そこで出たのは、今の時代、カラオケで歌っていただくことは大事だけれど、それよりも川上大輔がどんな歌い手なのかを、よくわかっていただくことを優先させようという結論だったんです。よりアーティスティックな活動をしていこうという方針を打ち出しての第一歩と言っていいと思います。
―― 評判のよさは、その方針が見事に合っていたことの証明だと思いますし、歌う川上さん自身も自分らしく気持ちよく歌えているんじゃないかと思います。
川上 確かに、自分が伝えたいことや感じていることを、無理なく自然に伝えられるという点で、とても気持ちよく表現できていると思います。

―― プロとしてCDを発売する以上、歌手本人も含めてスタッフは売り上げのことを考えなければいけないし、そうなると先ほどおっしゃったように今の時代は、いかにしてカラオケ・ユーザーに受け入れてもらうかも大事な課題です。しかし、そこに比重をかけるあまり歌い手の個性や魅力を半減させてしまう例も多いわけですが、「パズルを解かないで」では潔く好ましい決断がされたように感じます。

川上 そういう決断をしてくれる新しいスタッフと出会えたことも、僕には大きかったですね。

―― 出会いは確かに大事ですが、デビューからずっと自分が進むべき方向をしっかりと見据えて逸れてしまうことがなかった川上さんの意識や姿勢があったからこそという気がします。

川上 直接だとか、明らかにそういう気持ちを訴えたようなことはありませんでしたけど、2、3年前から歌い方や歌に対する考え方は変わってましたし、そういうものが、ステージや番組で歌う中でスタッフやファンの方にも伝わっていたんじゃないかと思います。

自分を知るためにもいろいろなチャレンジを

―― 歌い方や考え方の変化というのは、具体的に言うとどういうことでしょう。

川上 デビュー当時の僕は周囲の方に、きれいに歌いなさいと指導されていたこともあって、いい声で丁寧に行儀よく歌おうとする気持ちが強かったんです。それが「恋のメラギラ」という曲を出す頃に、そういう歌い方はもちろん大事だけれど、歌い方という形よりも、歌う時の感情、内面にあるものを伝えようという意識を前面に出したらもっといい歌になるんじゃないかと言われたことがあって、それからいわゆる教科書どおりに歌うんじゃなくて、自分が感じているもの、思っていることを大事に表現しようという考え方に変わってきたんです。

―― そういう変化が、近年のステージ活動の評価が高まってきたことにつながっているんですね。

川上 4月のライブ(16日「川上大輔 LIVE ~S♡UL TO S♡UL~ VOL.3」於:マウントレーニアホール 渋谷プレジャープレジャー)では、石崎ひゅーいさんの「花瓶の花」を歌ったんです。僕のファンの方は半数くらいが演歌・歌謡曲で育った世代の方々なんですが、J-POPの「花瓶の花」も、とってもよかったって言ってくださる方が多くて、改めてジャンルは関係ないんだな、自分がいいと思ったものはちゃんと伝わるんだなって思いましたね。

―― 川上さんの声や歌の個性と、歌に対する真摯な姿勢は、とても大きな魅力として多くの人に伝わると思います。ぜひ、オリジナル以外にも新旧問わずよい歌を、川上大輔というフィルターを通して表現していってほしいと思います。

川上 確かにカバーも大事にしていますけど、ライブを構成する時にはカバー曲に助けられているというのが実情ですから、いかに自分らしい、いいオリジナル曲を歌っていくかというのが、これからの課題ですね。

―― 川上さんらしい、いい歌、ぜひ聴かせてほしいです。

川上 どんなものが川上大輔らしいかというテーマについては、いろいろな考え方があって、答えも一つじゃないので、それを見つけたり、見つけた答えの方へ進んでいったりするというのも簡単なことではないと思うんです。でも、やりたいことがいっぱいあるので、立ち止まっていたくはないですからね。

―― 立ち止まっては、川上さんの才能や意欲が勿体ないし、幸い「パズルを解かないで」で進むべき方向が明確になって、理想的な活動に近付けていることは確かでしょう。

川上 そうですね、僕自身、よい方へ向かっているという実感はあるし、そういう風に活動していくことが応援してくださるファンの方に恩返しできる近道だとも思うんです。悩んだり迷ったりが続いて、いわゆる不完全燃焼みたいな状態で歌っていくのは、聴いてくださる皆さんにも申し訳ないと思いますし。今はとにかく、狭い枠に収まってしまわないで、どんどん可能性を高めていきたいと思ってるんです。例えば、歌う場として、大学の学園祭なども視野に入れてみるとか。

―― それはいいですね。川上さんはデビューからの活動範囲として、演歌ファンを対象としたステージや番組が主になってきましたが、失礼を承知で言わせていただくと、そこでいいんだろうかという疑問が常にありました。いわゆる演歌を好む方たちは日本情緒や和風を求めているわけですが、川上さんは、音楽性にしてもキャラクターにしても、そこにピタリとはまるような印象ではないので、演歌の番組や公演に出演されていると“みにくいアヒルの子”的な感じを受けることがありました。

川上 それは正直言って無理もないと思います。では、僕がアヒルじゃなかったとすると、実は何なのか、それを知るためにもいろいろなチャレンジをしてみたいんです。だから、学園祭にも行ってみたいし、そういうところで若い人たちがどう受け止めてくれるのか、また、僕がどういう風に自分の持っているものを届けられるのか、確かめてみたいと思うんですよね。僕は特定のジャンルしか歌いたくないわけではないし、ジャンルや時代を問わず、いい歌はいいと思っているので、例えば僕の歌で、若い人たちにテレサ・テンさんの歌を聴いてもらったら、どんな風に伝わるんだろうかっていう興味があるし、僕が思っているように、いい歌だなと感じてくれる人がいたら嬉しいと思うんです。

―― 「暖簾」(「天使の悪戯いたずら~消えて行かないで~」タイプAに収録。オリジナルは五木ひろし)なども評判がよかったし、川上さんというフィルターを通すことで、五木さんとはまた違った魅力を持って届くと思うので、それを若い感性がどう感じるのか気になります。

演歌・歌謡曲の分野での経験がためになっている

―― さて、川上大輔さんという歌手がいかにして出来上がったかというあたりを伺いたいんですが、まずは初めて気に入った歌や歌手を伺えますか。

川上 初めの頃に聴いていたのは、姉が好きだったB’zとかGLAYとかミスチルだったと思うんです。それで、中学の時に初めて友だちとカラオケに行った時に歌ったのがミスチルの「抱きしめたい」でした。

―― そこからデビュー前まで川上さんの好きな音楽の方向性が大きく変わることはなかったようですから、そういう人が演歌系の歌手としてデビューするというのは、かなりの路線変更ですね。

川上 高校までピッチャーだった選手が、プロに入って外野手に転向するようなものだったかも知れないです。

―― では、学生時代は野球部のエース並みに歌が上手いことで知られていた?

川上 まぁ、友だちには上手いって言われてましたし、自分でもそう思ってました、あくまでもアマチュアのレベルの話ですけど。

―― プロを意識するようになったのはいつ頃ですか。

川上 二十歳の頃ですね。本気で歌手になろうとかなれるとか思っていなかったので、普通に就職することも考えて大学に通ってましたから。それが途中から歌手になることへの意識が強くなって、オーディションを受けてみるようになったところで、ボイス・トレーニングを勧められて、受けるようになったんです。

―― ボイス・トレーナーの方で、かなり影響を受けた人物がいると聞いてますが。

川上 はい、今でもお世話になっているその人は、何人かの方から体験レッスンを受けた中の4人目くらいだったんです。他の方は褒めてくれたり、僕の気分がよくなるようなことを言ってくれるのに、その人は初めに「声を出してみて」と言われて発声したら「うわぁ、100個くらい言いたいことあるわ」って言ったんです。その、僕を褒めない、おだてないところに、この人だったら何か大事なものを教えてくれるかも知れないって感じてお世話になることに決めたんです。通い出してから3ヵ月くらいは発声練習だけで歌わせてもらえなかったり厳しい人ですが、とても大切なことを学ばせてもらえてると思います。

―― 大学在学中にオーディションを受けて、ボイス・トレーニングにも通うようになったということは、その頃には歌手になりたいという気持ちが固まっていたんだと思いますが、当時はどんな方の歌をうたっていましたか。

川上 洋楽だとアリシア・キーズとか、クリスティ-ナ・アギレラ、ブライアン・マックナイト、国内だと平原綾香さん、中川晃教さんといった方たちですね。

―― やっぱり、そういう名前を聞いても、川上さんは「パズルを解かないで」の方向に向かうべきだったし、これからもその路線上で展開していくのが理想的なんだろうと感じます。

川上 音楽性ということで言ったら、同じように感じる方は多いと思うんですけど、さっき高校時代の投手がプロに入って外野手に転向したようなものかも知れないと言ったことについては、その外野手としての経験がとてもためになっていると思うんです。演歌・歌謡曲の分野で活動させていただくことがなかったら、名曲と言われる歌の数々も知らないし、ちあきなおみさんや五木ひろしさんのことも、ただ名前を知っているだけというくらいのことだったと思うんです。それが、お二人をはじめとした方々の素晴らしい歌に出会えて、五木さんの歌を同じステージで聴かせていただくなんて経験までさせていただけて、本当にありがたいことだと思っていますので。ヒットも出ていない新人のうちからテレビに出させていただけたのも、演歌・歌謡曲という分野でスタートしたからだと思いますし、学んだりためになったりしたことは本当に多いんです。

最近気に入っている歌は、玉置浩二さんの「ぼくらは…」

―― では、そうした経験を持つ川上さんから見て、歌謡曲の魅力というのはどんなところにあると思いますか。

川上 僕の中での歌謡曲って言うと、安全地帯とか松田聖子さん、中森明菜さんあたりのイメージなんですけど、一般的にはもっと前の1960~70年代の歌を指してるような気がするんです。でも、実際、それら昭和の歌には共通するものがあって、それはとても単純で申し訳ないんですけど、詞がいい、言葉数が少なくて、意味がわかりやすいとか、メロディーが親しみやすい、憶えやすいなんてことかなと思うんです。そして、そういうところが、昭和の時代に歌謡曲が幅広い世代に愛された理由でもあったんじゃないかと。その頃のヒット曲で、アレンジを変えて今出しても、また売れるんじゃないかと思える歌って、きっといっぱいありますよね。それから、昭和の時代のヒット曲って、今と違って、時代との結び付きがとても強かった気がするんです。だから、思い出の曲として心に深く残ったんだろうし、例えば当時を知らない僕が聴いても、時代の空気が伝わってくるように感じられるんじゃないかと思います。

―― 確かに昭和の時代には「歌は世につれ、世は歌につれ」なんて言われましたが、今の時代には全く聞かなくなりましたね。音楽の価値や、聴かれ方が大きく変わったのは確かですが、人が歌や音楽を求めることはなくならないでしょうから、これからはどのように発信され、どのように受け取られるかというところが、一つのポイントになってくると思います。では、川上さんはそういう時代とどのように向き合っていくのでしょうか。

川上 「歌は世につれ」という言葉があったように、歌と時代の関連性って大事だと思うんですよね。そのためにもその時代を生きている感覚や、その先の流れを読み取る感性を磨いていないといけないと思います。お蔭さまでライブをやる時には、そういう感覚や感性を持ったミュージシャンの方たちにサポートしていただいてるので、すごく気持ちよくやれるし、ステージごとに沢山の刺激を受けていて、それが僕自身の次のステップに生きてると思うんです。そういう環境に恵まれてることは本当にありがたいし、大きな意味があると思ってます。

―― 川上さんは当初からライブを大事にされてきたし、今は音楽界全体でもライブの重要性が改めて意識されるようになってきましたから、これからさらにその魅力が生のステージを通して発信されていくでしょう。

川上 ライブでのカバーは、まず自分自身がいいと思ったものを取り上げているんですけど、それが必ずしもファンの皆さんに受け入れてもらえるとは限らないし、聴いてくださる方々の好みも様々だから、みんなに楽しんでもらおうと思うと、本当に難しいんです。でも、そこを大事にして、そういうライブの中で掴んだ感覚も生かしながら、より自分らしいオリジナルを見つけて行けたらと思いますね。

―― では最後に、川上さんが今一番気に入っている歌やアーティストは?

川上 ライブでも歌ったことがあるんですけど、玉置浩二さんの「ぼくらは…」ですね。とっても短い歌なんですけど、いろいろな職業があって、いろいろな生き方があるけど、人が生きていくというのは、こういうことなんだろうなと思わされる歌なんです。まだ聴いたことがないという方にはぜひ聴いてみていただきたいと思いますし、僕もこういう沢山の人に共感してもらえるような歌を、自分の歌としてうたえたらと思いますね。

―― その時を楽しみにしています。ありがとうございました。

川上 こちらこそ、ありがとうございました。

(聞き手・寧樂小夜)


最新シングル「パズルを解かないで」好評発売中!
豪華盤(左)は3曲入り+DVD付き


ご意見・ご感想を
お待ちしております。

お名前

メールアドレス

本文