岩佐美咲「いろいろな歌を私らしく歌って、聴いてくださる皆さんに楽しんでいただきたい」

 来年、2019年5月には元号が改められることが発表され、その翌年には東京オリンピックが開催と、新たな時代の足音がいよいよ近づいてきました。
 由紀さおりのヒット・アルバム『1969』は、歌謡曲黄金期の幕開けとも言える年をテーマにしていました。時代を振り返ってみれば、00年や10年といった区切りの年を控えた、末尾が7~9の年に新たな才能がその頭角を現し、画期的なヒットを生み出しています。
 例えば中村八大と永六輔の“六・八コンビ”が「黒い花びら」をヒットさせたのは1959年のことでした。阿久悠は1967年に本格的に作詞家としての活動を始め、1969年に「白いサンゴ礁」がヒットしたことでその地位を確立しました。
 1987年にメジャーデビューしたザ・ブルーハーツ、ユニコーンは1990年に絶頂を迎えるバンドブームを牽引、演歌の世界でも1987年に坂本冬美、88年に香西かおり、89年に藤あや子がデビューしています。
 そして2000年を前にした1998年には宇多田ヒカルと椎名林檎が登場し、日本の音楽シーンを一変させました。
 2020年という節目を目前にした今、Romancer Cafeでは、新たな時代を切り拓く豊かな実力と将来性を備えた、フレッシュなアーティストたちをご紹介していきます。どうぞ、その活躍にご注目ください!

どんな人?

 ご存知の方も多いと思いますが、岩佐美咲さんが2012年2月に「無人駅」(作詞 秋元康/作曲 久地万里子)で演歌歌手としてソロ・デビューした当時はAKB48のメンバーでもありました。AKB48というグループは、少女たちがそれぞれの夢を叶えるためのステップとして用意されたものでもあって、そこから何人もが希望にあふれた未来へと巣立って行きました。
「無人駅」で、オリコンの週間シングル演歌・歌謡ランキング初登場1位(総合5位)という好スタートを切った岩佐さんは、2014年発売の3rdシングル「ともの浦慕情」で、演歌としては氷川きよし「ときめきのルンバ」以来約4年5か月ぶりとなるオリコンの週間シングルランキング総合1位を記録するなど快進撃を続け、2016年1月には東京・浅草公会堂で初の単独コンサートを開催、そこでAKB48からの卒業を発表しました。今年2月までに4回のソロ公演を成功させるなど、卒業後も着実な成長を続けています。
 特筆すべき点として、シングルのカップリングとしてAKB48の「ヘビーローテーション」や「フライングゲット」などの〈演歌バージョン〉が収められたり、コンサートでジャンルを越えた多彩な曲が披露されたりといった、アイドル出身ならではのユニークな展開が挙げられるでしょう(一例として『3rdコンサート ~笑顔・心・感謝で繋ぐ…至福の2日間~』のセットリストをご覧ください)。

 これぞ歌謡曲の魅力とも言うべき、幅広いレパートリーでファンを楽しませる岩佐さんこそ、まさに2020年代をリードする人として大活躍してほしいものです。2月に新曲「佐渡の鬼太鼓おんでこ」を発売した岩佐さんに現在、そしてこれからの活動に注ぐ想いを聞きました。

新曲「佐渡の鬼太鼓」でどんな風に変わっていけるか

―― 2月27日に新曲「佐渡の鬼太鼓」(作詞 秋元康/作曲 後藤康二(ck510))が発売されましたが、これまでとは違った印象を受けました。

岩佐 雰囲気が変わってびっくりしたなんて言われることもあります。いつも秋元康先生は曲を選んでから詞を書いてくださっているんですけど、今回は先生が本格的な演歌を歌わせてみようと思われたんじゃないかと思います。私としてはデビューから7年目で7枚目のシングルで、年齢も23になりましたから、そろそろ本格的な作品を歌ってみたいと思っていたところだったので、とてもいいタイミングでこういう曲をいただけたと思っています。

―― 今までは歌謡曲寄りの作品が多かったので、新曲を聴いて改めて岩佐さんの歌唱力に気付かされた方や、歌手としての成長を実感したという方が多いと思います。
岩佐 そういう方がたくさんいてくださったら嬉しいですね。初めて曲を聴いた時に、今までと全然違うので、これは私も変えていかないとって思ったんです。お蔭さまでこれまでにステージや番組出演でいろいろな曲をカバーさせていただいてるんですが、そういう時はまず自分で表現の仕方を考えるようにしていて、もちろんその後にスタッフの方のアドバイスをいただくんですけど、そういう経験があったから、この曲でも自分なりに考えて歌ってみようと思えました。
―― その表現がピタリとハマっていて、いわゆる本格的な作品ですが、落ち着きすぎた感じもなく、年齢相応の表現がされていると感じました。レコーディングは順調に進みましたか。
岩佐 今回は、歌の世界にどっぷりとハマって歌わないといけなかったので、けっこう難しかったですね。でも、歌い続けていく中で、表現の仕方や私自身がどんな風に変わっていけるか、苦心した分、成長できるんじゃないかなという期待もあります。

■岩佐美咲「佐渡の鬼太鼓」

コンサートではなるべくいろいろな面をお見せしたい

―― ところで岩佐さんは、ご自分が現在の演歌・歌謡曲の分野でどういう位置にいると考えていますか。演歌の王道とか歌謡曲寄りとかいろいろなポジションがあると思うんですが。
岩佐 うーん、難しいですけど、王道ではないですね。アイドルから転身してますし、カップリングとかカバーも含めて演歌だけじゃなくて歌謡曲やポップスも歌ってきましたから。

―― そのレパートリーの広さは、まさに様々なタイプの歌が楽しめる歌謡曲の魅力そのものだと思います。
岩佐 そうですか(笑)!?
―― 例えば、2017年7月に東京のよみうり大手町ホールで開かれたソロコンサートでは、椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」や家入レオさんの「Silly」なども歌っています。こうした選曲は演歌系では稀で、それがまた岩佐美咲さんという歌手の面白さでもあると思います。
岩佐 確かに、ああいう曲を選ぶ人はなかなかいないとは思いますけど、面白いと思っていただけましたか?
―― 面白いですよ。「銀座カンカン娘」と「丸の内サディスティック」を同じステージで歌って、どちらにも違和感がないんですから、この人はどこまでレパートリーが広いんだろう?って興味が湧いてきます。カバー作品の選曲はどのようにされているんでしょう?
岩佐 スタッフの方に「この曲、歌ってみたら?」なんて薦めていただくこともありますし、「佐渡の鬼太鼓」(初回生産限定盤)のカップリングに入れさせていただいた「下町の太陽」(オリジナルは倍賞千恵子)は、事務所の先輩である水森かおりさんの「美咲ちゃん、この曲合うんじゃない?」というアドバイスがあって、歌わせていただいたものです。「丸の内サディスティック」とか「Silly」は、自分で選びましたけど。

―― それを受け入れてくれる環境も素晴らしいですよね。通常は着物で演歌を歌っている人ですから、そういう提案をしたら「イメージが壊れる」なんていう理由で却下されることも多いと思いますが。
岩佐 確かに恵まれてますね。演歌を歌う私がいい、歌謡曲を聴きたい、ギターの弾き語りでポップスを歌う私を観たい……と、いろいろなご要望があるので、コンサートはそれに応えられるよい機会ですし、それまで応援してくださっていた私とは違う面を知っていただくこともできるので、なるべくいろいろな面をお見せしたいと思っています。

―― ジャンルにとらわれずにいろいろな歌を歌えるのは楽しいでしょう?
岩佐 もちろん楽しいですけど、自分が楽しいと思うことより、まずお客様に楽しんでいただくことが大事じゃないですか。あまり自分のことをポジティブに考えたことがなくて、むしろネガティブなものですから、自分自身を一人の歌い手として見ると、いろいろ歌えるというよりは、中途半端なんじゃないかと思うこともあって。コブシも回らないし、声がアイドルっぽいと言われることも多いので、演歌歌手としては足りないものが多すぎると思いますし。
―― 元々ネガティブな方なんですか。
岩佐 そうなんです(笑)。
―― それは勿体ない。それに、そういう性格の人が芸能人として活動するのは大変でしょう?
岩佐 大変です。割と考え込んでしまうタイプなので。
―― 注目や意見の対象になりやすい人が、いろいろな人の声や考えを気にして考え込むとなると、なおさら大変だと思いますが、どうやって乗り越えているんでしょうか。
岩佐 やっぱり、お仕事ですね。頑張って上手くできたら、それが自信につながって、私は大丈夫だって思えて、次へ進めるんです。そういう機会がない時は、ゲームやアニメで現実逃避します(笑)。
―― 何事についても、落ち着いたり冷静になったりするために間を置くというのはよいことでしょう。
岩佐 何か上手くいかないことがあって暗くなっても、別のことで気分転換をするのって大事ですよね。あと、寝ます、私。あぁ、最悪、無理だって気分になった時でも、寝て起きると、あ、大丈夫だって思えるようになってることもけっこうあって。

やっとなれた歌手ですから、そう簡単には辞められないです

―― 華やかな芸能界、しかも人気アイドル・グループのメンバーだった人が、ネガティブだったというのは意外ですが、そういう性格だからこそ、謙虚に歌の道を進めているのかも知れませんね。
岩佐 AKB48は確かにトップ・アイドルですけど、私はそこまで人気メンバーというわけではなかったですし(笑)。ただ、去年、アメリカ、ブラジル、韓国と海外で歌わせていただく機会があったんですけど、AKB48が好きだったので私のことも知ったという方々が、楽しみに待っていてくださったりして、「あぁ、AKB48のメンバーでよかったな」って思いました。それで私の歌を聴いてくださった方に、演歌って知らなかったけど、意外にいいねなんて思っていただけてたら、嬉しいんですけどね。
―― それもきっとあるでしょう。そもそも現在のような大手プロダクションが岩佐さんに白羽の矢を立てたのは、活動の拡がりや伸びしろに期待したからでしょうし。

 

岩佐 今の事務所に入れていただけたのは、運がよかったからだと思います。私、運で生きてるようなものですから。AKB48のカラオケ大会で演歌を歌ったことで今みたいな活動ができるようになったんですけど、逆にそこで歌ってなかったら、こうはなっていないですから()。
―― でも、歌ったのは岩佐さんですし、そこで評価を受けたのもご自分じゃありませんか。
岩佐 いやいやいや、自分の力じゃないんです。

―― そんなに評価されたり、褒められたりすることが苦手ですか。
岩佐 あんまり慣れていないので(笑)。
―― 勿体ないことに岩佐さんは、ご自身の魅力や能力に十分に気付いていないのかも知れませんね。
岩佐 いやぁ、それは私のことを過大評価されていると思います(笑)。
―― 感覚で言っているのではなくて、実績や状況から判断してのことなんですが。
岩佐 うわぁ、嬉しい、毎日インタビューしてください、自信が持てますから(笑)。
―― それでは、こちらが飽きられると思いますが、さらにおだてるつもりではなく言えば、AKB48卒業生の中でも、活動の順調さにおいても高く評価できると思います。
岩佐 それは支えてくださる周りの方々のお蔭です。卒業してもこうして歌っていられるのは本当に幸せなことだし、これからもずっと歌い続けて「岩佐は今も頑張ってるんだね」なんて言われるようになりたいです。
―― 結婚しても歌手を続けますか?
岩佐 結婚できる気がしないんですけど。だから一生一人で食べていくためにも頑張らないといけないんです(笑)。
―― では、生活の不自由はさせないから、自分一人だけのために歌ってほしいという人が現れたら?
岩佐 そんな人いないと思いますけど(笑)、もしいたとしても、子供の頃からなりたくてやっとなれた歌手ですから、そう簡単には辞められないですね。

自分は自分らしく生きていく、みたいな歌、歌いたいですね

―― デビュー以来、秋元康さんが詞を提供されていますが、とても個性的で、タイトルからして印象的な曲が多いですよね。これも岩佐さんの歌い手としての魅力が、秋元さんの創作意欲を刺激しているということだと思います。
岩佐 本当にありがたいと思いますけど、そうなんでしょうか。

―― そうでなければ7作も続かないでしょう? タイトルを並べただけでも「無人駅」「もしも私が空に住んでいたら」「鞆の浦慕情」「初酒」「ごめんね東京」「鯖街道」、そして「佐渡の鬼太鼓」ですからね。“鞆の浦”は読める人が少ないでしょうに、ルビが振られていないので、何て読むんだろう?って気になるし、“鯖街道”や“鬼太鼓”という言葉のインパクトは強烈で記憶に残りやすい。そういうところまで考えて言葉を選ばれているはずですから、それはつまり大事にされているということじゃありませんか。
岩佐 感謝してます、本当に。
―― また、「佐渡の鬼太鼓」については、佐渡の皆さんだって喜んでいらっしゃるでしょうから、岩佐さんが考えている以上に、期待や応援する気持ちを持っている方は多いと思います。
岩佐 喜んでいただけてるなら、佐渡でもコンサートができるように頑張りたいですね。佐渡を舞台にした歌は多いので、たくさん取り上げたりして。

―― 時代に合わせて変化していくのが流行歌だとすれば、演歌や歌謡曲もきっと形を変えていくだろうと思います。岩佐さんのようにいろいろなタイプの作品を歌っていると、いずれ主流になっている可能性もあります。
岩佐 あぁ、そういうこともありますか……。そうなってたら面白いですけどね(笑)。

―― この先、インタビューで「岩佐美咲さんみたいな歌手になりたい」なんて言う新人歌手が登場するかも知れないし。
岩佐 そうなれたら嬉しいですねぇ!
―― 是非そのようになっていただきたいと思いますが、では現在、岩佐さんご自身が好きなアーティストはどなたですか。
岩佐 現在というより以前からなんですが、椎名林檎さんが好きです。かっこいい、独特の世界観を持っていらっしゃって。「丸の内サディスティック」以外に「歌舞伎町の女王」なんかも好きなんですよね。あと、欅坂46もいいですね。「サイレントマジョリティー」とか「不協和音」とか「避雷針」はよく聴いてます。みんなが共感するようなメッセージを歌ってるところがいいですよね。

―― 欅坂46の作詞をしている方(秋元康氏)を、岩佐さんはよくご存知でしょうから「私にもメッセージ性の強い曲を作ってください」ってリクエストしてみたらいかがですか。
岩佐 それ、いいですねぇ。周りを気にしないで、自分は自分らしく生きていく、みたいな歌、歌いたいですね。
―― それは、そのまま岩佐さん自身へのメッセージにもなりそうですね。ぜひ自信を持ってそういう歌も歌っていってほしいと思います。
岩佐 話の向きが私に戻ってきましたね(笑)。でも、やっぱり歌が大好きだし、いろいろな歌を私らしく歌って、聴いてくださる皆さんに楽しんでいただきたいっていう気持ちがまた強くなってきた気がします。
―― 王道とか本流とかをあまり気にせず、岩佐美咲流で活躍していってください。期待しています。ありがとうございました。
岩佐  こちらこそ、ありがとうございました!

■岩佐美咲「恋するフォーチュンクッキー〈演歌バージョン〉」

 
(※)2010年10月、『AKB48 東京秋祭り』の1日目で開かれた『ゆるゆるカラオケ大会』で「津軽海峡・冬景色」を歌い優勝、翌日の『ぐだぐだカラオケ大会』でも「天城越え」を歌って高評価を得た。(戻る)

(聞き手・寧樂小夜)


最新シングル「佐渡の鬼太鼓」好評発売中!
初回盤(右)にはMV収録。8月には特別盤も発売


ご意見・ご感想を
お待ちしております。

お名前

メールアドレス

本文